FANDOM


水浸しの手紙

長い間、私はこの魔法の檻に閉じ込められていた。今夜、脱出する。脱獄に必要な物はすべて揃っている。

<水で滲んだインクでこの部分は読めなくなっている。>

何故こんなに長くここにいさせられている? それだけのことをしたのか? 何日も何日もその考えが頭を駆け巡った。誰か、これに見合うだけのことをできるというのか?

<水で滲んだインクでこの部分は読めなくなっている。>

多分、生まれ変わったら分かるだろうな。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki