Fandom

World of Warcraft Wiki

War of the Spider

528このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

蜘蛛の戦い

ThrallがLordaeronで同胞を解放している間、NorthrendのNer'zhulは着々と力を蓄えていた。Icecrown Glacierの上には巨大な要塞が建てられ、死者の軍勢が配置された。Lich KingはNorthrend全土への支配を拡大していたが、謎に包まれた帝国がその力に立ち塞がった。

狡猾な蜘蛛の種族によって築かれた古代地底王国Azjol-Nerubが精鋭の守備戦士をIcecrownへの攻撃に送り出し、支配を狙うLich Kingの狂気を止めたのである。邪悪なnerubianには死の病に耐性があるだけでなく精神支配も効かないことが分かり、Lich Kingは苛立ちを募らせた。

nerubianのspider-lordたちは大軍を指揮し、Northrendのほぼ半分に及ぶ地下通路を作らせた。Lich Kingの数々の要塞に対するnerubianの奇襲戦法は、nerubianを一掃しようという試みを何度も頓挫させた。結局、Lich Kingはnerubianとの戦いを消耗戦で勝利したのだった。邪悪なdreadlordと無数のアンデッド戦士によって、Lich KingはAzjol-Nerubに侵攻し、地下神殿そのものをspider-lordの頭上に降らせたのである。

nerubianは死の病への耐性を持ってはいたが、Ner'zhulの増大した屍術の力により蜘蛛の戦士たちの死骸は蘇らされ、Ner'zhulの意志に従うよう操られたのだった。彼らの不屈の精神と勇猛さの証として、Ner'zhulはnerubianの独特な建築様式を自らの砦や建造物に取り入れた。

敵対者のいない王国に君臨し、Lich Kingは真の目的を達成すべく準備を始めた。人間たちの住む地へと意識を広げ、Lich Kingは己の声を聞くことのできる暗黒の魂に向かって呼び掛けた……。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki