Fandom

World of Warcraft Wiki

The Seven Kingdoms

528このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

七つの王国

StromはArathorの中心地としての役割を果たしていたが、Dalaranと同様に数多くの新たな都市国家がLordaeron大陸に現れた。Gilneas・Alterac・Kul Tirasは最初に発生した都市国家であり、それぞれ独自の風習と経済活動を有してはいたが、Stromの統一権力に掌握されていた。

Order of Tirisfalの不寝番に守られ、Dalaranは大陸全土の魔法使いにとって修練の総本山となった。Dalaranを牛耳るMagocratsは、現時点で知られているありとあらゆる魔法・秘宝・法具の分類と研究を担うKirin Torを設立した。

Gilneas・AlteracはStromの強力な支援者となり、Khaz Modan南部の山脈を探検する強大な軍隊を作り上げた。人間が古代種族ドワーフと初めて出会い、地底の洞窟都市Ironforgeを旅したのはこの時代のことである。人間とドワーフは鍛冶技術・工学の奥義を分かち合い、そして戦いと物語に対する共通の愛着を見出したのだった。

都市国家Kul TirasはLordaeronの南にある大きな島に築かれ、漁業と海運によって繁栄した。やがて、Kul Tirasは取引用の珍品を探し求めて開拓済みの地を駆け巡る巨大商船団を作り上げた。Arathor経済は繁栄していたが、その最大の基盤は崩壊を始めていたのだった。

やがてStromの権力者たちは、南の不毛な地を捨てて実り豊かなLordaeron北部の地へと領地を移そうと考えた。Arathi族の最後の血統であるThoradin王の後継者たちはStromを放棄すべきでないと主張し、その結果、同じく移住を望んでいた大衆の支持を失ったのであった。

Stromの権力者たちは手つかずの自然が広がる北に清らかさと導きを求め、古くからの都市を後にした。彼らはDalaranの遙か北にLordaeronと名付けた新たなる都市国家を築いた。Lordaeronは巡礼者や心の平穏と安心を求める者たちにとっての憧れの地となった。

崩れかかったStromの城に取り残されたArathi族の末裔は、Khaz Modanの険しい山脈を越えて南へ旅することにした。長い年月を経てついに旅は終わりを迎え、Azerothと名付けた大陸北部に彼らは定住したのだった。肥沃な谷に彼らはStormwind王国を築き、王国は急速に自給自足可能な力をつけていったのである。

ごく一部の戦士たちはStromに留まって古い城塞を守ることを選んだ。Stromはもはや帝国の中心ではなくなったが、Stromgardeとして知られる新たな国家へと発達した。各都市国家は各自で繁栄したものの、Arathor帝国は事実上崩壊していた。各国家が独自の風習と信条を発展させるにつれ、互いに隔絶を深めていくようになった。Thoradin王の統一国家の夢は幻と消えたのであった。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki