FANDOM


Sentinelsと長き不寝番

強情な同胞たちが立ち去ると、ナイトエルフは魔力をこめられた故郷の安全を守ることに再び関心を寄せた。ドルイドたちは冬眠の時が近づいていることを感じ取り、愛する者や家族を残して眠りの支度を始めた。

Eluneの大司祭となっていたTyrandeは、恋人Malfurionに自分を残してYseraのEmerald Dreamへ行かないでくれと頼んだ。しかしMalfurionは変わり続けるDreamwaysへと入る定めを誇りとし、Tyrandeに別れを告げ、互いの愛がある限り離れ離れにはなることはないと誓った。

別世界の危険からKalimdorを守るために一人残されたTyrandeは、女性ナイトエルフによる強力な戦闘集団を編成した。Kalimdorの守護を誓う勇敢な女戦士たちは、Sentinelsとして知られるようになった。彼女たちはAshenvaleの薄暗い森を単独で巡回することを好んだが、緊急時には呼び寄せられる仲間たちがたくさんいたのである。

半神CenariusはHyjal山のMoongladesの近くに残っていた。Cenariusの息子たちはKeepers of the Groveとして知られ、ナイトエルフを近くで見守り、Sentinelsが土地の平和を保つのを手助けした。Cenariusの臆病な娘たち、ドライアドでさえも表に出ることが多くなった。

Ashenvaleを警戒する仕事でTyrandeは常に多忙であったが、傍にMalfurionがいない彼女は少しも喜びを感じることはなかった。ドルイドたちが眠りについてから何世紀もの長き時が過ぎ、二回目の悪魔侵攻を恐れるTyrandeの不安は募った。Burning LegionがナイトエルフとAzeroth世界への復讐をたくらんでGreat Darkの彼方にまだいるかもしれないという恐ろしい考えを、Tyrandeは振り払うことができなかった。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki