Fandom

World of Warcraft Wiki

The Scourge of Lordaeron

528このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

LordaeronのScourge

数ヶ月にわたる準備の後、Kel'Thuzadと呪われし者の教団はついにLordaeronへ死の疫病を撒き散らして戦いの火蓋を切ったのだった。Utherと仲間のパラディンは疫病を止める方法を発見する希望を抱き、汚染された地域を調査した。彼らの努力をよそに疫病は広がり続け、Allianceをばらばらに引き裂いた。

アンデッドの軍隊がLordaeron中を蹂躙して回るのを受け、Terenas王の一人息子、Arthas王子はScourgeとの戦いに着手した。 ArthasはKel'Thuzadの殺害に成功したものの、それでもなおアンデッド軍は国を守って倒れた兵士たちであふれかえった。止まることを知らないかのような敵に邪魔されて苛立ったArthasは、敵軍を制圧すべく次第に最終手段をとるようになった。最終的にArthasは仲間から「人の道を外れている」と言って諌められるほどになっていた。

Arthasの恐れと決断が決定的な破滅となった。彼は疫病の源をたどってNorthrendへ至り、その脅威を永遠に絶つことを画策した。その代わり、後にArthas王子はLich Kingの途方もない力の虜となるのである。国民を救うことになると信じ、Arthasは呪われた剣、Frostmourneを手にしたのだった。

その剣は計り知れぬ力を彼に与えたが、それと同時に彼の魂を奪い、Lich Kingの最強のデスナイトへと変貌させたのである。魂を排除され正気を打ち砕かれたArthasは、自身の王国に対してScourgeを率いていった。その果てにArthasは父親であるTerenas王を殺害し、Lich Kingの鉄の踵でLordaeronを踏みにじり滅ぼしたのだった。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki