FANDOM


神秘魔法の系統 - 屍術

<大魔導師Ansirem Runeweaver著>

屍術(Necromancy)とは、死者に影響を及ぼす魔法である。倫理的には非常に望ましくなく、何としても避けるべきである。私が本著で屍術について触れるのは、敵が使用する魔法の基本を理解するために義務的にしているに過ぎない。そして、すべての屍術使いは間違いなく敵である。屍術師とその信奉者は命ある者すべての敵である。彼らに感化されることは何としても避けなければならない。

屍術魔法は死者を蘇らせるだけではなく様々な力がある。この穢れた魔法分野を極めた者は、腐敗の病を呼び出し、亡者を操って燃焼エネルギーへと変え、死の力を使い生者を凍らせることができる。また、死んだ生物の肉体を再構築する手段としても屍術が用いられ、その忌まわしい化け物が殺された後もなお再び動かすことができる。

元大魔導師Kel'Thuzadは、現代の屍術師では最も有名な人物である。彼はScourgeの初期拡大とLordaeron滅亡に大いに貢献した。現在、Kel'Thuzadは浮遊要塞Naxxramasでリッチとして君臨している。彼の存在がある限り、我々に対する脅威はすぐそこにある。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki