FANDOM


神秘魔法の系統 - 召喚

<大魔導師Ansirem Runeweaver著>

召喚(Conjuration)とは、生物・物体を呼び出す魔法である。今までに、人里離れた辺鄙な場所で新鮮な湧き水を心から欲したことはおありだろうか? 召喚がその答えである。魔法使いにとって、出来たてのパン一切れと一杯の水を作り出すことは何よりの楽しみである。パンと水を欲するならば、我々に任せてもらいたい!

さらに並外れた召喚の専門家は、一度に何杯もの水どころか恐らく大樽で呼び出すことができる。一部の大胆な魔法使いはグラスの存在を忘れて水を呼び出すこともある……このようにして、水の精霊の召喚術が生まれた。水の精霊は魔法使いの最良の友である(実際、Felhoundはまったく友好的でない)。召喚された精霊は戦闘においては頼もしい仲間であり、偉大なる聞き手であり、その味も最高である!

召喚という回復の道を歩むことを選択した魔法使いは数名いる。戦闘用の召喚魔法を自分のものとした魔法使いの好例が、Balinda Stonehearth隊長である。しかし、我々の時代で最も有名な召喚魔法使いは敬愛なる大魔導師Nielas Aranであった。Aranは一度に何体もの精霊を召喚できることで知られるだけでなく、スパークリングサイダー召喚術を完成させた人である。Nileas Aranが単なる宮廷魔導師でないことに注意しなければならない。これが魔法というものなのである。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki