FANDOM


古き神々とAzerothの創造

Sargerasの狙いが無数の創造物を無に返すことにあるとも知らず、タイタンは惑星をふさわしい姿へと作り上げて世界から世界へと渡り歩き続けた。その旅の中でタイタンは後に住人がAzerothと名付ける小さな世界と出会った。

原初の世界へと降り立ったタイタンは、多くの敵対的なエレメンタルと遭遇した。古き神々とだけ知られる不可解で邪悪な種族を崇拝するエレメンタルは、侵略者の金属質の手から神聖な世界を守り、追い払うことを誓った。

邪悪な性質を持つ古き神々の妨害を受けたPantheonは、エレメンタルとその主と戦った。古き神々の軍勢は最強の副官、炎の王Ragnaros・母なる岩Therazane・風の王Al'Akir・波の狩人Neptulonによって率いられていた。

その軍勢は地表すべてで荒れ狂い、タイタンと衝突した。エレメンタルは定命の者の想像を絶するほど強大であったが、彼ら全員の力をもってしても偉大なタイタンを止めることは不可能であった。ひとり、またひとりとエレメンタルの王は倒れ、軍勢は散り散りになった。

Pantheonは古き神々の拠点を粉砕し、五柱の邪悪な神々を地底深くに繋いだ。荒れ狂う魂を物質界に繋ぎ止める古き神々の力が無ければ、エレメンタルの王は奈落へと追いやられ、そこで永遠に戦い続けることになっていたであろう。エレメンタルが葬られると自然は静まり、平和な調和へと落ち着いた。タイタンは脅威は抑えられたと見なし、仕事に取り掛かったのだった。

タイタンは世界を作るのを助けるために多くの種族に力を与えた。大地の下に底無しの洞窟を作るために、タイタンは命ある魔法の石からドワーフのような姿をしたearthen(土でできた者)を作った。陸地を持ち上げ海の底から土をさらい出すために、タイタンは巨躯の心優しい海の巨人を作った。何年もタイタンは働き続けて星を形作り、ようやく全き大陸を作り上げた。

タイタンは大陸の中心にきらめくエネルギーの湖を作った。彼らが永遠の泉と名付けたその湖は世界の命の源泉となった。力強いエネルギーは世界の骨格を育み、命が肥沃な土に根を下ろす力を与えた。時が過ぎ、植物・木々・モンスター、ありとあらゆる生物が原初の大陸に息づき繁栄を始めた。

その仕事が終わった日に夕闇が降りたことから、タイタンはその大陸を「永遠の星明かりの地」、Kalimdorと名付けた。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki