FANDOM


「星の子供たち」と永遠の泉

第一次大戦でオークと人間が衝突する一万年前、Azerothの世界は荒れ狂う無限の海に囲まれた唯一の巨大大陸を擁していた。Kalimdorとして知られるその陸塊は、多種多様な種族と生物、目覚めた世界の苛酷な自然の中で生存競争を繰り広げるすべての者たちの母なる大地だった。暗黒大陸の中心地は光り輝くエネルギーに満ちた謎めいた湖であった。

後に永遠の泉と呼ばれるその湖は、世界の魔法と自然の力の中心だった。世界の彼方に広がる無限のGreat Darkからエネルギーを引き出し、泉は世界中のありとあらゆる命を育む強いエネルギーを送る神秘の泉として働いた。

やがて、魔力を秘めた魅惑的な湖のほとりに夜行性人型生物の原始部族が用心深く近づいていった。

放浪生活を送っていた野蛮な人型生物は泉の奇妙なエネルギーに惹きつけられ、その穏やかな湖畔に粗末な家を建てた。時が過ぎ、泉の宇宙エネルギーは未開部族に影響を与え、彼らを強く賢く、事実上不死にした。その部族は、彼らの言葉で「星の子供たち」を意味するKaldoreiと名乗った。芽吹いた社会を称賛するべく、彼らは湖の周りに巨大な建築物や神殿を築いた。

後にナイトエルフとして知られるKaldoreiは、月の女神Eluneを崇拝し、昼のあいだ女神は泉のきらきらと輝く湖底で眠っているのだと信じた。初期ナイトエルフの司祭や預言者は飽くことなく好奇心をもって泉を研究し、計り知れぬ秘密と力の調査に駆り立てられた。彼らの社会が成長するにつれ、ナイトエルフは広大なKalimdorを探索し、多種多様な住人と遭遇したのだった。

彼らを躊躇させた唯一の生物は、古代神や強大な竜であった。巨大な蛇の姿をした獣たちは隠れ住んでおり、既知の土地を脅威から守るために多くのことをした。ナイトエルフたちは、竜が世界の守り手であり、その秘密はそのままにしておくのが一番であると信じた。

やがてナイトエルフの好奇心は多くの強力な存在、中でも原初の森林に住む偉大な半神Cenariusとの遭遇と友好へと導いた。心広きCenariusは探求心旺盛なナイトエルフとの絆を強め、長い間自然界のことを教えて過ごした。穏やかなKaldoreiはKalimdorの命ある森への共感を深め、自然の調和を大いに楽しんだ。

一方、果てしなく続くかのような年月が過ぎるにつれ、ナイトエルフ文明は勢力圏的にも文化的にも拡大した。神殿・道・居住地は暗黒大陸全土に広がった。天賦の才能を持つ美しい女王Azsharaは驚くほど広大な宮殿を泉の岸辺に建設し、宝石に彩られた宮殿に気に入りの従者を住まわせた。

女王がQuel'doreiあるいは「高貴な生まれの者」(Highborne)と呼んだ従者たちは、女王のあらゆる命令により溺愛され、自分たちは低階級の同胞よりも優れていると信じるようになった。Azshara女王は民から等しく愛されていたが、従者たちは女王の寵愛を羨む大衆から密かに嫌われていた。

永遠の泉に向けられる司祭の好奇心を経験し、Azshara女王は高等教育を施されたHighborneに泉の秘密を調査し世界の真の意味を明らかにするよう命じた。

Highborneは任務に没頭し、絶え間なく泉を研究した。やがて彼らは泉の持つ宇宙エネルギーを操作し操る能力を開発した。その実験が進展するにつれ、新たに発見された力が創造にも破壊にも都合良く用いることができることをHighborneは突き止めた。不運なHighborneは原始の魔法と出くわし、その修得に心血を注ぐことを決心したのだった。

魔法を不用意に扱えば本質的に危険であることを彼らは認めたものの、Azshara女王とHighborneは自由奔放に魔術を行使し始めた。明らかに不安定な魔法の術を弄ぶことから生じるのは悲劇でしかないと、Cenariusや年老いたナイトエルフの学者たちの多くが忠告した。それでもAzshara女王と従者たちは急速な力の拡大を頑なに続けていった。

力が成長するにつれ、明らかな変化がAzshara女王とHighborneに現れた。尊大で高飛車な上流階級の者たちはますます同胞たちに対して冷淡で残酷になっていったのである。かつて魅力的であったAzshara女王の美しさは、暗く陰気な影に覆われた。Azshara女王はかつて愛したものから遠ざかり、自分が信頼するHighborneの司祭以外の者とは話をすることさえ拒むようになっていった。

泉の及ぼす影響の研究に多くの時間を費やしてきた若き学者Malfurion Stormrageは、恐ろしい力がHighborneと愛すべき女王を侵食しているのではないかと疑い始めた。彼はやがて来る邪悪な存在を想像することはできなかったが、ナイトエルフの生活が間もなく一変するであろうことには気付いていたのである……。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki