FANDOM


Draenor侵攻

第二次大戦の戦火がおさまり、Allianceはオークの脅威を封じ込める積極的手段をとった。オーク捕虜を収容する多くの収容所がLordaeron南部に建てられた。Allianceのパラディンと熟練の兵士に警護された収容所は大成功であった。

オーク捕虜は今一度戦いを起こそうと固唾を呑んで待ち望んでいたが、古い監獄要塞Durnholdeを本拠地とする収容所看守は治安と強固な秩序を維持していた。

しかし、Draenorの地獄のような世界で、Allianceを討つ新たなオーク軍が編成されていた。Gul'danの師であったNer'zhulの旗の下に、残りのオーク氏族が結集していた。Shadowmoon氏族に支えられた老いたシャーマンは、いまだ損なわれぬ新天地へとHordeを導く門をDraenorに多数開くことを計画していたのである。

新たな門を開く力を得るため、Ner'zhulはAzerothからたくさんの秘宝を集める必要があった。秘宝を手にするべく、Ner'zhulはDark Portalを再び開き、強欲な下僕を送り出した。

Grom HellscreamやBleeding Hollow氏族のKilrogg Deadeyeといった手練の族長に率いられた新たなるHordeは、Alliance防衛軍を驚かせ、地方の至る所で猛威を振るった。Ner'zhulの極めて的確な命令によりオークは素早く秘宝を集め、安全なDraenorへと逃げ戻ったのだった。

LordaeronのTerenas王はオークが再びAzeroth侵攻を企てていると確信し、信頼をおく副官を集めた。Terenas王は、Turalyon将軍と大魔導師KhadgarにDark Portalの向こうへ遠征し、オークの脅威を今度こそ終わらせるよう命じた。TuralyonとKhadgarの軍はDraenorへと進軍し、荒れ果てたHellfire PeninsulaでNer'zhulの氏族と何度も衝突したのだった。

ハイエルフAlleria Windrunner・ドワーフKurdran Wildhammer・歴戦の勇士Danath Trollbaneの助力も空しく、KhadgarはNer'zhulが門を開くのを阻止できなかった。

Ner'zhulはついに別世界への門を開いたが、恐るべき代償を払うことになろうとは予測できなかった。門の莫大なエネルギーがDraenorそのものを引き裂きだしたのである。Turalyon軍がAzerothへ戻ろうと死に物狂いで戦う中、Draenorの世界は崩壊し始めた。Grom HellscreamとKilrogg Deadeyeは、Ner'zhulの狂った計画は種族全体を破滅させることに気付き、生き残ったオークを集めて比較的安全なAzerothへと逃走したのだった。

Draenorで、TuralyonとKhadgarは自分たちのいる側からDark Portalを破壊するという究極の犠牲を払うことにした。己の命、仲間の命を犠牲としてでも、Azerothを守るにはそれしかないと考えていたのである。HellscreamとDeadeyeが自由を求めて人間の兵士たちを切り抜けたその時、その背後でDark Portalは爆発した。彼らにとって、そしてAzerothのオークにとって、それは二度と戻る道はないということであった。

Ner'zhulと忠実なShadowmoon氏族は、大規模な火山爆発がDraenor大陸を引き裂き始めた時、新たに作られた門をくぐり抜けた。荒廃した世界がついに大爆発した時、砕け散った大地に燃え盛る海が湧き起こって渦巻いたのだった。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki