FANDOM


闇の門とStormwindの陥落

Kil'jaedenがAzeroth侵攻のためにHordeを編成している時、MedivhはSargerasの精神との戦いを続けていた。Stormwindの誇り高き君主Llane王は、元友人の魂を穢していると思われる闇について不安を募らせていた。

Llane王は、近衛の副官に任命したArathi族最後の末裔Anduin Lothar卿に己の不安を打ち明けた。それでも彼らは、Medivhの狂気がこれから恐怖をもたらすことになるとは想像もできなかった。

Sargerasは最後の餌として、AzerothにHordeを導くことに同意すれば大きな力を授けるとGul'danに約束した。SargerasはMedivhを通じて、約千年前に守護者AegwynnがSargerasの体を保管した海底の墓を見つければ、生きながら神になれるとGul'danに伝えたのである。

Gul'danはそれに同意し、Azerothの住人を倒し伝説の墓を見つけて報酬を手に入れると決意したのだった。Hordeがその目標のために働くことが確実となり、Sargerasは侵攻開始を命じた。

共通の取り組みを通じてMedivhとShadow Councilのウォーロックたちは「闇の門」として知られる次元の扉を開いた。その門はAzerothとDraenorを繋ぎ、軍がくぐり抜けられるほど巨大なものであった。自分たちが征服する土地を調査するために、Gul'danはオークの偵察を派遣した。偵察の帰還により、Shadow CouncilはAzeroth侵攻の機は熟したと確信した。

それでもGul'danの堕落は民を滅ぼすだろうと確信していたDurotanは、再度ウォーロックたちに堂々と意見した。勇敢な戦士Durotanは、ウォーロックがオークの清らかな魂を破壊しており、後先顧みない侵攻は民の破滅となるだろうと主張したのである。Gul'danはDurotanのような人望の厚い英雄を殺す危険を冒すことができず、やむなくDurotanとそのFrostwolf氏族をかなたの新世界Azerothへと追放したのであった。

追放されたFrostwolf氏族が門を抜けるよう命じられた後、ごく一部の氏族が後に続いた。そのオークたちはStormwind王国のはるか東に位置する暗い沼地、Black Morassに素早く作戦拠点を築いた。オークが新天地の開拓に乗り出すと、すぐにStormwindの防衛兵たちと衝突が始まった。

その小競り合いは大抵すぐに終わったが、双方とも敵の弱点と強みを明らかにするべく様々なことを行った。Llane王とLothar卿はオークの人数について正確な情報を集めることはできず、戦わなくてはならない敵がいかに強大であるかを推測することしかできなかった。

数年後、オークのHordeの大部分はAzerothへと侵入し、その時Gul'danは人間に第一撃を放つ時が来たと見なした。攻撃を予期していなかったStormwind王国に対し、Hordeは総力攻撃を開始した。

Azerothの軍とHordeは王国全土で衝突すると、内部闘争が両軍ともに被害をもたらし始めた。野蛮なオークにはAzerothを征服することなどできないと考えていたLlane王は、軽蔑して首都Stormwindに留まった。しかし、Lothar卿は直接敵と戦うべきだと確信するようになり、その確信と王への忠誠のどちらかを選ばざるを得なくなった。

己の直感を信じてLothar卿はKarazhanにあるMedivhの塔砦へと急ぎ、Medivhの若き弟子Khadgarに助けを求めた。魔法使いKhadgarとLothar卿は、闘争の原因であるはずの守護者Medivhを制圧することに成功した。

Medivhの肉体を殺したことで、Lothar卿と魔法使いKhadgarは何も知らずにSargerasの魂を奈落へと追い払った。その結果、Medivhの清らかで高潔な魂は生き続けることができ……そして、長い間幽界をさまよった。

Medivhが倒されたにもかかわらず、HordeはStormwind防衛軍より優位に立ち続けた。Hordeの勝利が近づく中、偉大なオークの族長のひとりOrgrim Doomhammerは、Draenorにいた時から氏族に邪悪な堕落が広がっていたことに気付き始めた。

Orgrimの旧友Durotanは追放から戻り、Orgrimに対してもう一度Gul'danの裏切りを忠告した。その報復は速やかになされ、Gul'danの暗殺者たちは赤子ひとりを残してDurotanと家族を全員殺害したのだった。Durotanの幼い息子が人間の士官Aedelas Blackmooreに発見され、奴隷にされたことをDoomhammerが知る由もなかった。

その幼子は後に、オークの民が知る中で最も偉大な指導者となって立ち上がることとなる。

Durotanの死に激怒したOrgrimは、悪魔の堕落からHordeを解き放ち、Gul'danの操り人形Blackhandを殺して最終的にHorde総司令官の座を手にするべく出発したのだった。Orgrimの絶大な統率力のもと、容赦のないHordeはついにStormwind Keepを包囲した。

Llane王はHordeの力を侮り、そして緑色の肌をした侵略者に己の王国が陥落させられるのを為す術もなく見ていたのだった。最終的にLlane王はShadow Council最強の暗殺者ハーフオークGaronaの手で暗殺された。

Lothar卿と戦士たちは、人命の損失を食い止め、かつての輝かしい故郷を救いたいと願ってKarazhanから戻った。しかし、彼らが戻った時にはすでに手遅れで、愛した王国は戦火に焼かれ煙のたちこめる廃墟となっていた。オークのHordeは田園地帯の略奪を続け、周囲地域を自分たちのものにしていた。Lothar卿と戦士たちは潜伏を余儀なくされ、いかなる犠牲を払おうとも母国を取り戻すと断固たる誓いを立てたのであった。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki