FANDOM


Grim Batolの戦い

一方、戦火で荒廃した南方の地では、散り散りになったHordeの敗残兵がまさしく生き残りをかけて戦っていた。Grom HellscreamとWarsong氏族は辛うじて捕縛を逃れたが、DeadeyeとBleeding Hollow氏族は捕らえられてLordaeronの収容所へ収監された。激しい反乱が起きたが、収容所の看守たちはすぐさまオークの凶暴な攻撃を抑制したのだった。

しかし、Allianceに見つかることもなくオーク軍がKhaz Modanの北の荒野をさまよっていたのだった。悪名高きウォーロックNekrosに率いられるDragonmaw氏族は、Demon Soulという古代秘宝を用いて竜の女帝Alexstraszaとその群れを支配していたのである。竜の女帝を人質として、NekrosはWildhammer氏族の打ち棄てられた砦……呪われていると言われるGrim Batolで秘密の軍を編成していたのだった。

その軍と巨大な赤竜たちをAllianceに向かってぶつけることを目論み、NekrosはHordeを再編しAzerothの支配を続けようと考えていた。しかし、彼の夢が実現することはなかった。人間の魔法使いRhoninに率いられた反乱軍がDemon Soulを破壊し、竜の女帝をNekrosの支配から救ったためである。

怒れるAlexstraszaの竜たちはGrim Batolを千々に引き裂き、Dragonmaw氏族の大半を焼いて灰にした。Nekrosの壮大な再統一の夢は音を立てて崩れ、Allianceの兵はオーク敗残兵を集めて収容所へ放り込んだのだった。Dragonmaw氏族の敗北は、Hordeの終焉とオークの怒れる血の餓えの終わりを告げていた。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki