FANDOM


Earthmother の悲しみ

大地の子らは黎明の原野を放浪するにつれ、地底深くから聞こえる闇の囁きに耳を傾けるようになった。その声は偽りと戦争の技を伝えた。大半の Shu'halo(トーレン) は闇の支配に落ち、邪悪で忌まわしい術を受け入れた。彼らは穢れなき同胞に背を向け、無垢の心をかなぐり捨てたのだった。

子供たちの有様に打ちひしがれた Earthmother は、恩寵を失う子らを見ていられなくなった。悲しみのうちに Earthmother は目をひきちぎり、星々の輝く果てしない空に目を置いた。An'she(太陽) と Mu'sha(月) は、互いに互いの悲しみを和らげることを求めながら、空を挟んで一方のかすかな輝きを追いかけることしかできなくなった。今でもその両目は世界が一周するごとに互いを追いかけている。

目が見えなくなったにもかかわらず、Earthmother は世界への関心を失うことはなかった。Earthmother は風に耳を傾け、黎明の野で起こる出来事のすべてを聞いた。その広い心は常に子供たちと共にあり――愛情に満ちた英知は、決して子供たちを見捨てることはない。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki