FANDOM


焼け焦げたページ

……しかし既に彼女は知っていた。彼女は少しずつ少しずつ魂を安く売り渡した後、賤民として生きることを余儀なくされた。それは復讐に値する、と彼女は考えた。

だが、人間性を取り戻す機会はここにあった。引き換えに物を頼む余所者すべてが彼女の頼りになる者だった。

「やるわ」と Katreyn は言った。「失う物なんて何もないから」

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki