FANDOM


焼け焦げたページ

自分がやった。その時のことは覚えてないが、自分以外にありえない。

以前は悪事にのめり込んでいた。咎無き男を殺したこともある。だがそれとは別の話だ。

変身したんだ。

あの殺戮は自分の意志ではなかった。自分の中に獣が住んでいる。

自分は追われ孤立するだろう。身を隠さなくてはならない。逃げろ。死体を埋めるんだ。

本当は何に退屈しているかを悟った時、外に向かって歩き出した。

罪悪感を感じない。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki