Fandom

World of Warcraft Wiki

Sentinels

528このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

状況: 活動中

リーダー: General Shandris Feathermoon

Sentinelsはナイトエルフの軍隊である。

構成員編集

Sentinelsは古代戦争の後すぐに設立され、最近までその兵士全員が女性ナイトエルフであった。しかし、第三次大戦の結果、多数の犠牲者が出たためナイトエルフ社会の性別による伝統的役割分担は廃止された。結果的にSentinelsの大半は主に女性であるが、今では男性もいる。

歴史・編成編集

大破壊の頃までは、ナイトエルフにとって軍務は能力より血統が重視されていた。階級の高い士官はほとんどが貴族で、長い間平和に暮らしてきたナイトエルフの中でも特権を持ち高い教育を受けていたものの、戦術の基礎知識を持つ者はほとんどいなかった。軍に加わるとは、かつてはナイトエルフの民を守る崇高な選択であったが、次第に地位の象徴へと成り下がっていった。

古代神戦争が軍の堕落を消し去った。ナイトエルフと同盟者たちが勝利を手にした後、大司祭Tyrande Whisperwindはナイトエルフ社会全体の改革を宣言した。改革の一環としてTyrandeは、大部分が戦いを望まなかった旧来の軍を解体し、Sentinelsを設立したのである。

Sisterhood of Eluneは大戦中ほぼ被害を受けずに生き残った大組織のひとつであり、メンバーは血統を重視されていなかった。さらに、彼らは戦闘・戦術・回復について広範にわたって訓練されていた。その知識と経験にもかかわらず、彼らは他のナイトエルフ社会から若干距離をおいていた。

Tyrandeはその距離こそが破滅的な戦争責任の一端であると考えており、自らの指示によってSentinelsを指揮する義務を負う地位に就くことを決心したのだった。Sisters of Eluneは二度とナイトエルフの民の導きを怠ることはないであろう。今日に至るまでShandris Feathermoonは、Eluneの大司祭でありナイトエルフ社会唯一の統治者であるTyrandeの直属である。

信条・実践編集

Sentinelsはこの1万年にわたってナイトエルフの民を守ることを唯一の目標としてきた、勇敢で無私無欲の兵士たちである。新人は広範にわたって訓練を受け、時間の許す限り歴戦の戦士たちは常に戦闘訓練を受けている。第三次大戦の結果Sentinelsにも多数の死者が出たが、Sentinelsは今でも戦闘で鍛えられた多くの熟練戦士を誇っている。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki