FANDOM


Hordeの誕生

オークはGul'danとShadow Councilの密かな支配のもと、徐々に攻撃的になっていった。戦闘と死の試練の中で戦士としての腕前を磨くため、彼らは巨大な闘技場を建設した。この間に、一部の氏族の族長はオークにはびこりつつある堕落に対して抗議の声を上げたのだった。

そういった族長の一人がFrostwolf氏族のDurotanだった。憎しみと怒りに我を忘れてはならないと彼は警告した。しかし彼の言葉は聞き入れられず、Warsong氏族のGrom Hellscreamのように強大な力を持つ族長たちが戦争と支配の新時代の戦士へと名乗りを上げたのであった。

Kil'jaedenはオーク氏族は戦いの準備がほぼ完了したと考えたが、オークの完全な忠誠心を確保する必要があった。Kil'jaedenは密かに、Shadow Councilに破壊と憤怒の生ける器、破壊者Mannorothを召喚させた。Gul'danは族長たちを呼び集め、Mannorothの怒りに満ちた血を飲めば完全無敵になれると信じさせた。

Durotanを除き、Grom Hellscreamを長とする全氏族の族長は血を飲み、それによって彼らはBurning Legionの奴隷となる運命が確定したのだった。Mannorothの憤怒に力を与えられ、族長たちは何も知らぬ同胞へ知らず知らずこの恐ろしい血の支配を広めたのである。

血の餓えの呪いに駆られ、オークは立ちはだかる者すべてに怒りを叩きつけることを求めた。時は満ちたと悟ったGul'danは、反目し合う氏族をひとつの集団、何者にも止められぬHordeとして統合した。

しかし、何人もの族長たちがGrom HellscreamとOrgrim Doomhammerを慕っており、主権を巡って争うであろうと分かっていたGul'danは、新たなるHordeを統治するべく傀儡族長を据えた。極めて邪悪で獰猛なオーク将軍、破壊者BlackhandがGul'danの操り人形として選び出された。Blackhandの命令のもと、Hordeは素朴なドラエナイに対して力を試すことにした。

数ヶ月を経て、HordeはDraenorに住んでいたドラエナイをほぼ全滅させた。オークの激しい怒りを免れられたのは、散り散りに逃げた一握りの者だけだった。勝利に舞い上がったGul'danはHordeの力と強さとを大いに楽しんだ。とはいえ、戦うべき敵がいなくては、Hordeは止めようのない殺戮欲求のために内紛で自ら崩壊してしまうということを彼は知っていた。

Kil'jaedenは、ついにHordeの戦闘準備が完了したと考えた。オークはBurning Legionの最大の武器となっていた。狡猾な悪魔は主Sargerasにすべてを伝え、Sargerasは復讐の時がついに来たと告げたのだった。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki