FANDOM


不死の体にて

Scourge 奉仕での苦節の末、組織上層部の人間よりはるかに高度な基準を持っていることに気付いた。社会的権力構造が持つ硬直性を考えると、現存する社会的問題によって変化を生じさせようという試みを調整するのは困難だ。

ただ、不満を持つ者たちや、何らかの疾病(私の場合は死である)により不便を被っている者たちに対して、高度な技術を必要としない仕事の機会をこの組織が与えてくれるのは幸いだった。

私はただひとつの真実を受け入れるために来たのだ。死の到来とは冷たく空しく、何の答えも与えてくれないものである。私は世俗の義務から解放されたが、心というものを感じないため安らぎを覚えることもない。ただ自分がいるだけだ。輝かしい戦いの中で、気高く慈悲にあふれた心に燃え盛る怒りの前に、再び死ぬことができますように!

ネクロポリスは Icecrown に呼び戻された。物資と人員の供給を受け、再び都市は活気づいた! 私は変わった。全体を感じる。生きていると感じる。私に向けられている、あの御方の完全な意志を感じる。己の立ち位置が正確に分かる。戦士がきたなら、私が手合わせしてやろう。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki