Fandom

World of Warcraft Wiki

On Stratholme

528このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

Stratholme にて

今日、Stratholme のネクロマンサー集団 Thuzadin の一員となった! 何故誰もあの火を消さないのかと幾分訝しく思った。さらに、slaughterhouse のゲートと結ばれているジッグラトの馬鹿げたシステムを知って動揺した。slaughterhouse に人を近付けてはいけないのなら、何故ゲートを封鎖しないのだ? このままなのか?

この辺りの発展が立ち後れている理由が分かりかけてきた。腐った馬に乗った傲慢野郎、Stratholme の自称「男爵」 Rivendare がぶらぶらしているのだが、あの男は scourge をふれあい動物園と勘違いしている。というのも、奴は毎日午後の半分を費やして、弟子や下僕や人造生物を小集団にして移動しながら、町の周囲に陣取っているのだ!

今夜の「男爵」のティータイムパレードが終わった後、一行――いや、彼らのことは支持者と呼ぼう――は奴が設置した心棒を破壊しながら町を踏み荒らした。私が「ゲートを閉じろ」と促すと、奴は「ジッグラトを制御中の下僕が slaughterhouse を守るさ、坊や!」と自信たっぷりに言った。私は手荷物をまとめて、後門から託送することにした!

きっぱりと決別したかのように思われるだろう。町から流れてくる煙からすると、出発はちょうど良かったのだ。Stratholme での仕事は得る物の無い冒険だった……ならず者の印章指輪を盗んだことを除いては。「男爵」の印があるちょっとした偽造品によって、Naxxramas 内部を快適に見られるに違いない。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki