FANDOM


Naxxramas にて

今日は強大な Scourge の軍需工場へ仕事に行った! Naxxramas は活気に満ちていた。重要な転送装置に動力を供給するのに馬鹿馬鹿しいほど複雑なメカニズムを使用していることには驚かされたが、それを除けば統制のとれた組織であるようだ。私の意識は有益な研究へと向けられた。邪悪な nerubian から逃げて道に迷うまでは……。

Nerubian の交渉は度々あった。あの薄気味悪い平板な声がいつも呼び掛けてくる。「特別室」での研究という誘いを。私は Gluth の間の後ろにある壊れたパイプに身を潜めた。そこは奴が決して追って来られない唯一の場所だったからだ。精神的に消耗してきた!

ちぐはぐの怠惰な組織と腐った死体どもは、どうやって Azeroth 全土を征服するつもりなのだ? 彼らの自滅的な様子は、自己防衛努力という合理的態度に欠けている! 私をつけ回して夢を汚す、忌まわしい nerubian で変化を生じさせようという気にもなれない!

Scourge での就労という冒険的な行動における近況は以上だと思われるだろうが、冒険者がネクロポリスへ侵入して同僚を殺害している。ああ、Faerlina の信奉者集団にいた赤毛の子までも、声をかけることを許される前に殺されてしまったのだ! ここは嫌だ。アンデッドになったらすぐにここを出てやる。戦いだ!

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki