FANDOM


古の憎悪 - Kalimdorの植民地化

勝利は定命の種族のものとなったが、世界は戦争で荒れ果ててしまっていた。ScourgeとBurning LegionはLordaeron文明をほぼ壊滅させ、Kalimdorでの作戦をほとんど終えてしまっていたのである。回復すべき森と、葬るべき怨恨と、安定すべき故郷とが残されていた。戦争は各種族に深い痛手を負わせていたが、AllianceとHordeの間で取り交わした不安定な停戦協定を皮切りとして、新たな出発のために私利私欲を捨てて団結したのだった。

ThrallはオークたちをKalimdor大陸へと導き、朋友トーレンの助けを得、そこに新しい故郷を築いた。Thrallの殺害された父にちなんで新しい故郷をDurotarと名付け、オークたちはかつて繁栄した社会をそこに再構築したのだった。

悪魔の呪いはすでに解け、Hordeは好戦的巨大組織から、征服ではなく生存と繁栄に専心する緩やかな同盟へと変わった。誇り高きトーレンと智略に長けるDarkspear族トロルに支えられ、Thrallたちオークは自身の土地で新たなる平和の時代を期待していた。

Jaina Proudmoore旗下の残りのAlliance軍はKalimdor南部に定住した。彼らはDustwallow Marsh東部海岸の外れに、強固な港町Theramoreを築いたのだった。そこで人間とドワーフたちは厳しい環境の中で生き抜くため懸命に努力した。Durotarの防衛軍とTheramoreは互いに暫定的停戦を保ってはいたが、植民地の脆い平穏は長く続かなかったのである。

Kalimdorにおけるオークと人間の間の平和は、大規模なAlliance軍艦隊の到着によって打ち砕かれた。大提督Daelin Proudmoore(Jainaの父)指揮下の巨大艦隊は、Arthasが王国を滅ぼす前にLordaeronを離れていたのだった。数ヶ月にわたる過酷な航海をし、Proudmoore提督はAllianceの生き残りを捜し求めていた。

Proudmooreの大艦隊はこの地域の安定にとって深刻な脅威となった。二次大戦の立役者として名の知れたJainaの父はHordeにとって不倶戴天の敵であった。しかも、彼はオークがKalimdorに拠点を得る前にDurotarを滅ぼそうと決心していたのである。

大提督はJainaに恐ろしい決断を迫った。新たに得た同盟者であるオークを裏切り、彼らと戦う父を支援するか、それとも、ついにたどり着いたAllianceとHordeの脆い平和を維持すべく自分自身の父と戦うか。幾度となく思慮を重ねた末、Jainaは後者を選択した。Thrallを助け、狂気の父を倒すという選択を。

Jainaが和睦を結ぶか、あるいはオークたちはもはや血に飢えた怪物などではないと証明する前に、不運にもProudmoore提督は戦闘の最中に死んでしまった。彼女の誠実な心に応え、オークはJainaの軍をTheramoreへ無事帰還させたのだった。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki