Fandom

World of Warcraft Wiki

Night Elves

528このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
450px-3D-Night Elf.jpg

Night Elf

別名:kaldorei(星の子供たち)

単数形:kaldorei・night elf

一次言語:Darnassian

1万年前、第一次大戦前のAzerothには唯一の巨大大陸Kalimdorが存在していた。暗黒大陸の中心は光り輝くエネルギーの神秘の湖だった。その湖は「永遠の泉」(the Well of Eternity)として知られるようになる。

Kaldoreiの進化編集

やがて、人型の夜行性生物の原始的部族は泉の奇妙なエネルギーに惹きつけられて、その静かな岸辺に粗末な家を建てた。時が経つにつれ、泉の無限の力は部族に影響を与え、彼らを強く聡明にし、そして不死にしたのである。彼らの肌は様々な色合いの菫色に変わり、身長は高くなった。部族は母語で「星の子供たち」を意味するkaldoreiと名乗った。

kaldorei、あるいは後にナイトエルフとして知られるようになる彼らは、月の女神Eluneを崇拝し、女神は日中、泉の輝く深淵で眠っているのだと信じた。初期のナイトエルフの司祭と予言者は大いに好奇心をもって泉を研究し、泉の継続的研究はナイトエルフ社会の一面となった。

永遠の泉はナイトエルフの目にも銀や金の輝きをもたらした。ナイトエルフの視力は光と動きに対して異常に鋭敏になった。詳細な観察を行わない者が信じている内容に反し、他の人型の種族と同様、ナイトエルフの目には瞳孔がある。その瞳孔は、特に特定の光源下もしくは特定の角度から識別することは困難である。


ナイトエルフとトロル編集

神秘魔法とその影響編集

新たな始まり編集

第三次大戦編集

銀の目・金の目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki