Fandom

World of Warcraft Wiki

Night Elf

528このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

Status/ステータス 編集

Race
Strength
Agility
Stamina
Intellect
Spirit
Night Elf
17
25
19
20
20

Racial Traits/種族特性 編集

  • ○Nature Resistance:Nature属性への抵抗力に+10ボーナス
  • ○Shadowmeld:アクティブスキルにより姿を隠すこと(stealth)ができる。戦闘中は使用不可。行動すると解除
  • ○Shadowmeld@2:RogとDruは上記に加え、Stealthスキル+3のボーナス
  • ○Quickness:回避率に1%ボーナス
  • ○Wisp Spirit:死亡時にウィスプ化し、移動速度に+50%ボーナス

Class/職業 編集

History/歴史 編集

 孤独を好むNight Elfたちは、Warcraftの世界で覚醒した最初の種族だった。これらの影に潜む不死の存在は魔法を学び、Warcraft Iの一万年前に世界中へとそれを解き放った。Night Elfによる魔法の無制限且つ無謀な乱用はthe Burning Legionを世界へと導き、ふたつの巨大な種族の間に悲惨な戦いを引き起こした。Night Elfはかろうじて世界からthe Burning Legionを放逐することに成功したが、故国たる大陸は海によって沈み、砕かれていた。近年までNight Elfは世界から断絶して何千年もの間聖山Hyjalの山頂に隠遁していた。the Burning Legionの侵略は彼らの長き眠りを覚ますこととなった。世界の行く末についてNight Elfたちは再び考え始め、そして初めてAzerothに生き続けるために他の種族と同盟を結んだ。Night Elfたちの多くは高潔であり公正であるが、世界における"下位種族"をほとんど信用しない。Night Elfたちは生来夜行性であり、かれらの影のパワーは時として隣人に対する不信感を生み出す原因となっている。

Home City/都市 編集

not found (nightelf0311.jpg)

 偉大なるTeldrassilの樹上高く、Darnassusは世俗を嫌うNight Elf族の新たな隠れ家として建設された。ドルイド、ハンター、戦士たちはTeldrassilの繊細な木立の下にロッジを作り、そこを住まいとしていた。  Temple of the Moonは光り輝く道標として木の上に聳え立ち、並びのHall of Justiceには歩哨が集い、抜け目ないその目を護衛のために光らせている。  司祭長Tyrande Whisperwindによって統治されたDarnassusは、Night Elf族が愛する全てのものに対する静謐なる証として、そこに存在している。  自然との調和を保ったその都市のかたわらにはクリスタルのように光り輝く水を湛えられた湖が横たわり、その水面には優美なる橋が架かり、森の小道には落ち葉が柔らかなカーペットを作り出している。

Mount/乗騎 編集

not found (ne_mount.jpg)

  • Nightsaber
    • Nightsaberがthe Sentinel Armyによって飼いならされ、騎獣として育成されるようになる以前には、Kalimdorの獰猛なるNightsaber Pantherは、大陸において最も狂暴な生物だと考えられていた。これらの偉大な捕食性の獣の大多数がまだ薄暗い海岸やNight Elfの故国である森林を歩んでいる間に、この生物の最も素晴らしい種類がその俊敏さや機敏さによって評価され、現在では熟練者が騎乗するという実用的な 目的を充分に満たすこととなった。


Leader&Hero/主導者とHero(BOSS) 編集

Tyrande Whisperwind (Priest)Arch Druid Fandral Staghelm (Druid)Shandris Feathermoon (Hunter)

not found (Cenarius1.jpg)

Cenariusの託宣を受ける、Tyrande Whisperwind、Malfurion Stormrage、Illidan Stormrage

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki