Fandom

World of Warcraft Wiki

Mount Hyjal and Illidan's Gift

528このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

Hyjal山とIllidan'sの贈り物

恐ろしい大爆発を生き延びた数人のナイトエルフたちは粗末な筏の上に寄り集まり、視界に入った陸塊へとゆっくり漕ぎ進んでいった。Eluneの恩寵によるものか、Malfurion・Tyrande・Cenariusは大破壊を生き延びていた。疲れ果てた英雄たちは、生き延びた仲間たちを導いて新たな国を打ち立てることに同意したのだった。

黙々と旅をしながら彼らは残骸を調べ、自分たちの激情が破壊をもたらしたのだと悟った。SargerasとBurning Legionは泉の崩壊によって世界から引き離されていたが、Malfurionと仲間たちには、勝利を得るために払った恐ろしい代償について熟慮することが任されたのであった。

大破壊を無傷で生き延びたHighborneは多数いた。彼らは他のナイトエルフとともに新たな地の海岸へとたどり着いていた。MalfurionはHighborneの意欲を不審に思っていたが、泉のエネルギー無しではもう大被害を起こすこともできまいと考えて満足していた。

疲れ切ったナイトエルフたちの集団は新天地の海岸に上陸し、聖山Hyjalが大破壊を免れていたのを発見した。新たな故郷を築くべく、MalfurionとナイトエルフたちはHyjal山の斜面を登り、風の吹き渡る頂上にたどり着いた。山の広大な頂に横たわっている樹木の生い茂る窪地へと彼らが降りていくと、そこには小さく静かな湖があった。湖の水が魔法で穢されていることに気付き、彼らは戦慄した。

同じように大破壊を生き延びていたIllidanは、Malfurionたちが到着する少し前にHyjal山の頂へたどり着いていた。彼の狂気がこの世界に魔力の流れを保つことを命じ、Illidanは永遠の泉から汲み出した貴重な水をHyjal山の湖へと注いだのである。

永遠の泉の強いエネルギーは瞬く間に燃え上がって新たな永遠の泉へと融合した。新たな泉は後世への贈り物だと固く信じていた狂喜のIllidanは、Malfurionに捕まった時に衝撃を受けた。Malfurionは兄弟に対し、魔法は本質的に混沌としているものであり使用すれば必然的に堕落と闘争を導くものなのだと説明した。それでもなお、Illidanは魔法の力を放棄することを拒んだのだった。

Illidanの後先顧みない計画が最終的にどこへと行き着くのか充分に理解していたMalfurionは、魔法の力に目が眩んだ兄弟に厳然と対処することを決断した。Cenariusの助けを得てMalfurionはIllidanを広大な地下牢獄へと閉じ込め、そこでIllidanは永久に無力に拘束されることになった。Illidanの拘束を確実なものとするため、Malfurionは若き番人Maiev Shadowsongに力を与え、Illidan専任の看守とした。

新たな永遠の泉の破壊がより大きな破滅を引き起こすことを恐れ、ナイトエルフたちは泉をそのままにしておくことを決意した。しかし、Malfurionは決して魔法の技を行使してはならないと宣言した。Cenariusの監視のもと、ナイトエルフたちはHyjal山のふもとで愛する森の再生と荒廃した大地の回復を可能にするドルイドのいにしえの技を学び始めたのだった。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki