FANDOM


状況: 廃止

最後のリーダー: Latosius

古代神戦争以前に設立されたMoon Guardとは、ナイトエルフ社会の首都を外部の脅威から守る魔法使いたちである。

構成員編集

言い伝えによると、男性ナイトエルフのみがMoon Guardに入ることを許されたとされる。さらに、Moon Guardへの入隊を希望する魔法使いはarcane魔法を扱う上でかなりの才能があると示すことが必要とされた。大破壊の後、ナイトエルフはMoon Guardを含めそういった魔法を使う組織をすべて解散させた。

歴史・編成編集

古代、ナイトエルフ社会において魔法の発生は新たな能力をもたらすと同時に懸念ももたらした。泉の力が与えられると、戦闘技術だけでは魔法攻撃に対抗するのに不充分であることが明らかとなった。魔法の技を持つ戦士もごくまれに見受けられたが、そういった能力は一部に留まった。

そのため、魔法を基本とした戦闘集団が多く発生し、それぞれの人口中心地の防衛のために作られた。ナイトエルフ文明の首都を探し求める充分な力と熱意を持った魔法使いたちは、英雄的行為によって好意を得ることを望んだ。最終的にその特定集団は君主の正式な認証を獲得し、Moon Guardと名付けられた。ナイトエルフの統治者にのみ忠誠を誓うMoon Guardは、他の魔法使いたちを蔑視するようになり、元々劣った魔法能力を持つのだと考えたのだった。

その傲慢さは古代神戦争の際に鋭い一撃を受けた。永遠の泉が内部崩壊した時にMoon Guardは力の大半を失った上、古代戦争とその破滅的な影響によって、arcane魔法に対する激しい批判が起こったのである。そのため、組織は解体させられ、生き残ったメンバーはかつて第一目標としていた魔法の技を放棄したのだった。

彼らの一部は自らの魔法が引き起こした不均衡の償いを目指し、ドルイド思想へと考えを改めた。そういった事情によって元魔法使いたちはMalfurion Stormrageの最初の弟子となったのである。その結果、ドルイドの技は人知の及ぶ範囲の技と見なされるようになった。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki