Fandom

World of Warcraft Wiki

Kil'jaeden and the Shadow Pact

528このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

Kil'jaedenと闇の契約

AzerothにMedivhが誕生した頃、欺きし者Kil'jaedenはTwisting Netherで従者たちに囲まれ、座ったままじっと思案していた。主Sargerasの指揮下にある狡猾な悪魔の王Kil'jaedenは、Burning Legionの第二次Azeroth侵攻を企てていた。

今度こそ如何なる失敗もするまいとするKil'jaedenは、Burning Legionが足を踏み入れる前にAzerothの防御を弱体化する新たな力が必要だと考えた。ナイトエルフといった定命の種族や竜たちに新たな脅威と戦わせれば、Burning Legionの真の侵略が訪れた時に激しい抵抗姿勢を取ることもできぬほど弱体化するであろうと。

Great Dark Beyondに静かに浮かぶ命あふれる世界DraenorをKil'jaedenが発見したのはその時であった。氏族に基づく祖霊崇拝的なオークと平和を好むドラエナイの故郷Draenorは、その広大さと同様に穏やかで美しい世界であった。

誇り高きオーク氏族はひらけた草原を歩き回って娯楽を探し、探求心のあるドラエナイは世界にそびえる崖や山頂の中に粗削りな都市を建設していた。Kil'jaedenは、Draenorの住人を適切に育成すればBurning Legionに貢献する大きな可能性を秘めていると気付いた。

ふたつの種族については、オーク戦士はBurning Legionの堕落の影響をより受けやすいとKil'jaedenは踏んだ。かつてSargerasがAzshara女王を支配下においたのと同じように、Kil'jaedenは年老いたオークシャーマンNer'zhulを奴隷にした。狡猾なシャーマンを伝達役として用い、悪魔は戦いの欲望と残虐性をオーク氏族に広めた。

間もなく、崇高な種族は血に飢えた民へと変貌した。Kil'jaedenはNer'zhulと民を最終段階へと促した。死と戦争の追求に完全にのめり込むようにと。しかし、年老いたシャーマンは民が永遠に憎しみに捕らわれるであろうことを感じ取り、悪魔の命令に抵抗した。

Ner'zhulの抵抗に苛立ち、Kil'jaedenはオークをBurning Legionの手に引き渡すであろう別のオークを探した。ついに悪魔の王は思い通りの信奉者を見つけた。野心あふれるNer'zhulの弟子、Gul'danである。Kil'jaedenはGul'danに完全服従と引き換えに計り知れぬ力を約束した。

若きオークは悪魔の魔法の熱心な学び手となり、史上最強の定命のウォーロックへと成長した。彼は若いオークにarcaneの術を教え、オークの祖霊崇拝的伝統を根絶するよう努めた。Gul'danは、破滅に満ちた新たな恐ろしい力、新たな種類の魔法を同胞に示したのだった。

Kil'jaedenはオークへの支配力強化を求め、氏族を操りDraenorにウォーロック魔法の使用を広める秘密組織、Shadow CouncilをGul'danが設立するのを助けた。オークがウォーロック魔法を行使するにつれ、Draenorの穏やかな原野と小川は汚れ衰え始めた。時が経ち、何世代にもわたってオークが故郷と呼んだ広大な草原は枯れ果て、赤く枯れた土だけが残された。悪魔のエネルギーはゆっくりと世界を枯らしていったのである。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki