Fandom

World of Warcraft Wiki

Kel'Thuzad and the Forming of the Scourge

528このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

Kel'ThuzadとScourgeの形成

NorthrendからのLich Kingの呼び声を聞いたのは、力を持つ一握りの者であった。その中で最も注目すべき者は、Dalaranを実質統治している評議会Kirin Torの上級議員、大魔導師Kel'Thuzadである。彼は禁忌とされてきたネクロマンシー術の重要性を主張したため、長いあいだ異端者だとみなされていた。

学べるはずであった魔法の世界と謎に包まれたその神秘の数々から遠ざけられ、仲間たちの古臭く平凡な教えを目にしたKel'Thuzadは失望した。Northrendからの強い呼びかけを聞き、彼はその謎の声と言葉を交わすためにあらん限りの意志を傾けた。暗黒術に内在する力と叡智を受け入れることもできぬほどにKirin Torは狭量であると確信し、Kel'Thuzadは莫大な力を持つLich Kingから学ぶより他に無いと運命に身を委ねたのである。

成功も一流の政治的地位も投げ捨て、Kel'ThuzadはKirin Torでの人生を放棄して二度とDalaranに戻らなかった。絶えることなく心に聞こえてくるLich Kingの声に駆り立てられ、彼は広大な所有地や蓄財を処分した。ただ一人、陸路海路を何千里と旅し、彼はついにNorthrendの凍てついた岸辺にたどり着いた。

Icecrownにたどり着きLich Kingへの奉仕を申し出ることのみを考え、大魔導師は破壊され荒れ果てたAzjol-Nerubの廃墟を通り過ぎた。Kel'Thuzadはその廃墟とNer'zhulの力の凄まじさを直接目にしたのである。謎のLich Kingと手を組むことは賢明であり、ゆくゆくは自分のためになるに違いないと彼は考え始めていた。

極北の荒地を越える長い旅の日々の後、Kel'ThuzadはついにIcecrownの暗き氷河にたどり着いたのだった。彼は堂々とNer'zhulの暗い砦に歩み入ったが、アンデッドの門番が静かに彼を迎え入れた時、そのことを予期していたとはいえ、衝撃を受けた。

Kel'Thuzadが冷たい大地の底深くへと降りていくと、そこは氷河の底であった。氷と闇の支配する果てしない洞窟の中で、彼は凍てついた玉座の前にひざまずき、死の闇の王に魂を捧げたのである。

Lich Kingは新たに馳せ参じた彼を見て喜んだ。Lich Kingは忠誠と服従とを引き換えに不死と強大な力を約束し、Kel'Thuzadは初めての重要な任務、人間界へ行きLich Kingを神と崇める新たな宗教を設立するという任務を受け入れたのだった。

大魔導師の任務遂行を助けるべく、Ner'zhulはKel'Thuzadの全き人間性を残しておいた。年老いてもなお人を惹きつける魅力を持つ魔法使いは、抑圧され権利を奪われたLordaeronの大衆を安心させて信頼させるために説得と錯覚の力を用いる仕事を任された。そして、一度大衆の注目を集めておき、世間の人々にできることという新たなビジョン、そして大衆の王を招く新たな導き手としての己を提示したのである。

Kel'Thuzadは変装してLordaeronへ戻り、三年という時間をかけて、志を同じくする人々の秘密結社に人を集めるべく財産と知略を用いた。その結社は「呪われし者の教団」と呼ばれ、その信奉者はNer'zhulへの奉仕と服従を引き換えに、社会的平等の権利とAzerothでの永遠の命を約束された。

何ヶ月かすると、Lordaeronの重労働に疲弊した労働者たちの中に、新たな教団に集う熱心な有志が大勢現れた。Kel'Thuzadにとって、目的、すなわち、市民たちの聖なる光への信仰をNer'zhulの暗い影に対する信仰へと変える目的を達成するのは驚くほど簡単だった。教団の規模や影響が大きくなるにつれ、Kel'ThuzadはLordaeronの支配者たちの目からその動きを隠すようにした。

LordaeronでのKel'Thuzadの成功をうけ、Lich Kingは人間文明に対する攻撃の最終準備に入った。 疫病の大鍋と呼ばれる持ち運び可能な大量の道具に疫病のエネルギーを詰め、Ner'zhulは大鍋を教団の支配下にある村々へ運ぶようKel'Thuzadに命じた。

忠実な狂信者たちによって守られたその大鍋は、その後、疫病を作り出す装置として働き、吐き出された疫病は農村やLordaeron北部の町へとゆっくりと広がっていったのだった。

Lich Kingの計画は完璧に効果を現した。Lordaeron北部の村々はたちどころに汚染されていったのである。Northrendの時と同じように、疫病にかかった市民が死に、Lich Kingの意のままに動く奴隷として蘇った。

Kel'Thuzad配下の狂信者たちは、闇の王に仕えるため死んで再び蘇ることを強く望んだ。不死を通じた永遠の可能性に彼らは歓喜したのである。疫病が広がるにつれ、北方の地には凶暴な生ける屍があふれかえった。Kel'ThuzadはLich Kingの強大な軍勢を見て、その軍をScourgeと名付けた。すぐにLordaeronの通りに向かって進軍し、地表から人間を消し去るようにと。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki