FANDOM


Ironforge - ドワーフの目覚め

いにしえの時代、タイタンたちがAzerothを離れた後、earthen(「土でできた者」)として知られる子供たちは世界の奥深くで創造と保護を続けていた。earthenは地上の居住争いには関心が無く、大地の暗い底を調べ回ることだけを望んでいた。

永遠の泉の内部崩壊によって世界が分断された時、earthenは激しく影響を受けた。大地そのものの苦しみによろめき、earthenは己を見失い、彼らが初めて創造された場所である石の部屋に自ら閉じこもった。Uldaman・Uldum・Ulduar……これらはearthenが最初に形作られ姿を与えられたタイタンの都市の名である。世界の地下深くに埋もれ、earthenは8000年近く安らかに眠った。

何が彼らを目覚めさせたのかは定かではないが、Uldamanに閉じこもっていたearthenが自発的な眠りから目覚めた。そのearthenたちは冬眠の間に自分たちが劇的に変化していることに気付いた。岩のような皮は柔らかく滑らかな肌へ変わり、石と大地を凌駕する力は衰えていた。彼らは定命の生き物になっていたのであった。

Uldamanの宮殿を後にした最後のearthenは自らをドワーフと呼び、目覚めの世界へと踏み出していった。いまだ奥まった場所から受ける安全性と驚嘆に落ち着きを覚え、彼らはこの地で最も高い山の下に広大な王国を築いた。

彼らドワーフは創造者であるタイタンKhaz'gorothに敬意を表し、自分たちの土地をKhaz Modanあるいは「Khazの山」と名付けた。父であるタイタンのための祭壇を建設したドワーフたちは、山の中心部に巨大な溶鉱炉を作り上げた。そのため、溶鉱炉の周囲に発展したその都市は以降Ironforgeと呼ばれることとなる。

生まれつきドワーフたちは磨き上げられた宝石と石に魅了される性質を持ち、宝石と貴重な鉱物を採掘するために山の周辺に採掘坑を作った。地下での労働に満足していたドワーフたちは、地表に住む隣人たちの出来事からは隔絶されたままであった。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki