FANDOM


Chapter V: Return of the Burning Legion編集

原文: http://www.worldofwarcraft.com/info/story/chapter5.html

LordaeronのScourge-The Scourge of Lordaeron-編集

Warcraft 3: Reign of Chaos

数ヶ月にわたる準備の後、Kel'Thuzadと呪われし者の教団はついにLordaeronへ死の疫病を撒き散らして戦いの火蓋を切ったのだった。Utherと仲間のパラディンは疫病を止める方法を発見する希望を抱き、汚染された地域を調査した。彼らの努力をよそに疫病は広がり続け、Allianceを苦しめ脅かした。

Arthas dark

Arthas moments before killing his father.

アンデッドの軍隊がLordaeron中を蹂躙して回るのを受け、Terenas王の一人息子、Arthas王子はScourgeとの戦いに着手した。 ArthasはKel'Thuzadの殺害に成功したものの、それでもなおアンデッド軍は国を守って倒れた兵士たちであふれかえった。止まることを知らないかのような敵に邪魔されて苛立ったArthasは、次第に敵軍を征服する別の手段をとるようになり、とうとう仲間が「人の道を外れている」と言って諌めるほどになっていた。

Arthasの危惧と意思は決定的な破滅の原因を解き明かした。彼は疫病の源をたどってNorthrendへ至り、その脅威を永遠に絶つことを画策した。その代わり、後にArthas王子はLich Kingの途方もない力の虜となるのである。国民を救うことになると信じ、Arthasは呪われた剣、Frostmourneを手にしたのだった。その剣は計り知れぬ力を彼に与えたが、それと同時に彼の魂を奪い、Lich Kingの最強のデスナイトへと変貌させたのである。魂を排除され正気を打ち砕かれたArthasは、自身の王国に対してScourgeを率いていった。その果てにArthasは父親であるTerenas王を殺害し、Lich Kingの鉄の踵でLordaeronを踏みにじり滅ぼしたのだった。

Sunwell- Quel'Thalasの陥落 -The Fall of Quel'Thalas-編集

400px-Sylvanas Windrunner

Sylvanas Windrunner

かつて国の民であった人々を敵とみなし、ことごとく打ち倒しても、ArthasはKel'Thuzadの亡霊にとりつかれたままであった。亡霊は、Lich Kingの計画の次なる段階のために自分を蘇生させねばならぬとArthasに告げた。Kel'Thuzadを蘇らせるためには、ハイエルフたちの永遠の都Quel'Thalasに隠された神秘の泉Sunwellへと遺体を運ぶ必要があった。

ArthasとScourgeはQuel'Thalasを侵略し、エルフたちの崩壊寸前の防衛に対して包囲網を敷いた。Silvermoonのレンジャー部隊将軍Sylvanas Windrunnerは果敢にも戦いを挑んだが、Arthasは最終的にハイエルフの軍隊を殲滅して、Sunwellへ至ったのである。支配を誇示する非道な象徴として、Arthasは打ち倒されたSylvanasの体をバンシーとして蘇らせ、Quel'Thalasの征服者に仕えるよう終わりなき不死の呪いをかけた。

ついに、ArthasはKel'Thuzadの遺体をSunwellの聖なる泉の中へ沈めた。永遠の力を秘めた泉はこの行いによって汚され、Kel'Thuzadは魔法を使うlichとして生まれ変わった。より強力な存在として蘇生したKel'Thuzadは、Lich Kingの計画の次なる段階について説明を始めた。Arthasとその死者たちの軍が南部へ帰った時、Quel'Thalasで息のあるエルフはただの一人も残っていなかった。 9000年以上にわたって繁栄したハイエルフの輝かしい故郷は失われたのだった。

Archimondeの帰還とKalimdorへの旅 -Archimonde's Return and the Flight to Kalimdor-編集

再びKel'Thuzadの体を取り戻すとすぐ、ArthasはDalaranの南へとScourgeを率いていった。そこでKel'ThuzadはMedivhの呪文書を手に入れ、この世にArchimondeを呼び戻すために呪文書を使うつもりなのである。その時から、Archimonde自身がLegionの最終侵略に乗り出すこととなった。Kirin Torの魔法使いたちはArthas軍によるMedivhの書の略奪を止めることさえできず、Kel'Thuzadは必要な呪文をすぐさま行使し、強大な力を持つ悪魔Archimondeとその軍が1万年ぶりで再びAzerothに姿を現すこととなる。それでもまだDalaranは最終目標を持たずにいた。Kil'jaedenの命により、Archimondeと配下の悪魔はScourgeの後を追ってKalimdorへと至り、世界樹Nordrassilを破壊しようとしていた。

混乱のさなか、定命の種族を導くために一人の謎めいた指導者が現れた。この指導者こそ、他ならぬMedivhその人であることが分かった。最後のガーディアンMedivhは、過去の罪を贖うために次元を超えて奇跡的に帰還したのである。MedivhはHordeとAllianceの双方に対し、彼らが危機に直面していることを伝え、共に結束することを促したのだった。何世代にもわたる憎しみに疲れ果ててはいたが、オークと人間たちはそれを受け入れようとはしなかった。Medivhはそれぞれの種族を別々に扱うように押し進め、彼らを海の向こうにある伝説の地Kalimdorへと導くために、予言と策略を用いた。オークと人間は間もなく、表舞台に上がることのなかったKaldoreiの文明と遭遇する。

Cairne Bloodhoof

Cairne Bloodhoof

Thrallに率いられたオークたちはKalimdorのBarrensへと渡る旅の間に、度重なる渦潮に苦しめられた。彼らはCairne Bloodhoofと力強いトーレンの戦士たちと友好関係を築いたが、何年にもわたってオークを苦しめてきた凶暴な血の渇きに大勢のオークが支配され始めた。Thrallの最強の副官Grom Hellscreamまでもが本能のままに暴走しHordeに背いたのである。Hellscreamと忠実なWarsong族の戦士はAshenvaleの森へと分け入り、古代ナイトエルフの軍と衝突した。確実にオークたちは好戦的な生き方へと立ち戻っていたが、半神Cenariusが現れてHellscreamとその戦士たちを撃退したのだった。それでもなおHellscreamたちは信じられないほどの憎しみと怒りに支配され、Cenariusを殺し古代森林地帯を汚そうと躍起になった。最終的にHellscreamは、Mannorothを倒すためにThrallを助けて名誉を回復した。Mannorothはオークたちの血に憎しみと怒りの呪いを最初にかけた悪魔の王である。Mannorothの死とともに、オークの血の呪いはついに終止符を打たれた。

Medivhがオークと人間が同盟を組む必要があるとして説得に奔走している間、ナイトエルフたちは彼ら自身の秘密主義的なやり方でBurning Legionと戦っていた。ナイトエルフ軍の不死の最高司祭であるTyrande Whisperwindは、悪魔とアンデッドの侵略からAshenvaleの森を守ろうと必死になっていた。Tyrandeは助けが必要であることを悟り、ナイトエルフのドルイドたちを千年の眠りから目覚めさせるべく出発した。Tyrandeは夫Malfurion Stormrageに呼びかけ、防衛軍を奮い立たせLegionを撃退することに成功する。Malfurionの助けを得て、大自然そのものがBurning LegionとScourgeを制圧するために蜂起したのだった。

冬眠している別のドルイドたちを探している間に、Malfurionは遥か昔の牢獄を発見する。その中には、Malfurion自身が牢獄に繋いだ兄弟Illidanが いた。Legionに対抗するためにはIllidanの助けが必要になるだろうと納得し、Tyrande は彼を解き放った。しばらくの間、Illidanはナイトエルフたちを援護していたが、ゆくゆくは彼自身の欲求を追い求めていくこととなる。

ナイトエルフたちは準備を整え、断固たる決意をもってBurning Legionと戦った。永遠の泉を求め、世界樹の力の源と世界樹そのものであるナイトエルフ王国の中心地を欲するその欲望を、Burning Legionは決して諦めることはなかった。Burning Legionが目論む世界樹への攻撃が成功すれば、悪魔は世界を文字通りばらばらに引き裂くことであろう。

Hyjal山の戦い -The Battle of Mount Hyjal-編集

Medivhの導きのもと、ThrallとKalimdorにおける人間の軍の指導者Jaina Proudmooreは、互いの違いをひとまず置いておくべきだと悟った。同様に、MalfurionとTyrandeに率いられたナイトエルフたちも、世界樹を守りたいと望むのであれば団結しなければならないということに同意した。目的のもとに統一され、Azerothの種族は全力で世界樹の守りを固めるべく、共に戦うことになったのである。まさしく世界の力によって力を与えられたMalfurionはNordrassilの原初の怒りを解き放つことに成功し、Archimondeを抹殺、Burning Legionの頼みの綱であった永遠の泉を分断した。この最終戦争はKalimdor大陸の根に衝撃を与えた。泉から力を引き出すことが叶わなくなり、Burning Legionはまとめ上げられた定命の戦士たちの力のもとに打ち砕かれたのである。

裏切り者の隆盛 -The Betrayer Ascendant-編集

Warcraft 3X: The Frozen Throne

Burning LegionによるAshenvale侵攻の間に、Illidanは牢獄から1万年ぶりに解放された。彼は仲間のエルフたちを安心させることを考えていたが、すぐに本性を現し、Gul'danの頭蓋骨として知られる強力な黒魔法の秘宝のエネルギーを取り入れたのである。それにより、Illidanはより悪魔のような姿へと近づき、莫大な力を増した。彼はまたGul'danの古い記憶を手に入れた。Sargerasの墓、暗黒の巨人Sargerasの遺骸があると噂される島の迷宮に関する記憶である。

Illidan

Illidan Stormrage

力に満ち溢れて再び世界を自由に動き回り、Illidanは成り行き上自分の居場所を見つけることを目指した。しかし、Kil'jaedenがIllidanの前に立ち塞がり、拒むことのできない提案をしたのだった。Kil'jaedenはHyjal山でのArchimondeの敗北に怒ってはいたが、報復などよりももっと大きな関心事を持っていた。Kil'jaedenは、自らの生み出したLich Kingが支配するには力をつけすぎたことを悟り、Ner'zhulを殺害し不死のScourge軍をこれで終わらせるようIllidanに命じたのである。その代わり、Illidanは莫大な力とBurning Legionの王たちの中に真の居場所を得られることになる。

Illidanは提案を受け入れ、凍てついた玉座、Lich Kingの魂が入っている冷たい水晶の器の破壊にすぐさま着手した。玉座を破壊するには強力な秘宝が必要であろうことをIllidanは知っていた。Gul'danの記憶から得られた知識を用い、IllidanはSargerasの墓を探し、暗黒の巨人の遺骸を手に入れることを決めた。彼は古きハイボーンエルフの盟約により、暗い海の下の巣穴からナーガを呼び寄せた。狡猾な女王Vashjに率いられるナーガたちは、破壊された島、Sargerasの墓が存在すると言われる島へIllidanがたどり着くのを助けた。

Illidanがナーガを連れて出発すると、番人Maiev Shadowsongは彼を追跡した。彼女はIllidanの牢番を1万年にわたって務め、彼を再び捕らえる探査を志願したのである。しかし、IllidanはMaievと配下の者たちの裏をかき、彼女たちの努力も空しく、Sargerasの瞳はIllidanの手に落ちた。己の物となった力溢れる瞳により、Illidanは魔法都市Dalaranへと飛んだ。Dalaranの地脈の力によって力を漲らせたIllidanは、遥か彼方NorthrendにあるIcecrownのLich Kingの居城に向かって、瞳を使い巨大な破壊の魔法を放ったのだった。Illidanの攻撃はLich Kingの守りを粉々に打ち砕き、世界の屋根である山を引き裂いた。最後の瞬間、Illidanの破壊の魔法は、番人Maievを助けるために駆けつけた最高司祭TyrandeとIllidanの双子の兄弟であるMalfurionによって止められた。

凍てついた 玉座の破壊に失敗したことにKil'jaedenが怒るに違いないと気付いたIllidanは、Outland、最後のDraenorが残る、かつてオークたちの故郷であった地へと逃れていった。そこで彼はKil'jaedenの怒りをやり過ごし、次の動きを練ることにしたのである。Illidanを止めることに成功した後、MalfurionとTyrandeはエルフたちを見守るためにAshenvaleの森へと帰ったが、Maievはそう易々と諦めることなどできず、Illidanを追ってOutlandへ行き、裁きの場へ彼を引き出すことを決意したのだった。

ブラッドエルフの出現 -Rise of the Blood Elves-編集

Kael4

Kael'thas became one of the leaders of Illidan's forces.

その頃、不死のScourge軍はLordaeronとQuel'Thalasを毒に犯されたPlaguelandsへと根本的に作り変えていた。そこにはごく僅かなAllianceの抵抗勢力しか残されていなかった。そういった勢力のひとつが、最初のハイエルフと考えられているSunstrider王朝の最後の生き残りKael'thas王子によって率いられていたのだった。Kaelは魔法使いとして熟達し、衰えていくAllianceに警戒を募らせていた。ハイエルフは故郷の喪失を深く悲しみ、死んでいった仲間に敬意を表して自分たちをブラッドエルフと呼ぶことにした。彼らは水際でScourgeを食い止めようとしたが、力を与えられてきたSunwellから切り離されたことにより甚大な被害を被った。民の魔法依存を矯正することを諦め、Kaelは思いもよらぬことを行った。彼は祖先であるハイボーンを信奉し、魔法の力を供給する源を発見する望みを抱いてIllidanとナーガに協力したのである。他のAllianceの司令官たちは、ブラッドエルフを裏切り者であるといって非難し、永久に彼らを追放した。

行く当ての無いKaelとブラッドエルフたちはVashj女王に従い、Illidanを再び捕らえた番人Maievとの戦いを支援するためにOutlandへ向かった。ナーガとブラッドエルフの連合軍は辛くもMaievを打ち倒し、その掌中からIllidanを解放したのだった。IllidanはOutlandに根を下ろし、Lich KingとIcecrownの砦に対する第二撃に備え、兵士を集めた。

Plaguelandsの内戦 -Civil War in the Plaguelands-編集

Lich KingであるNer'zhulは、自分に残された時間が少ないことを悟った。凍てついた玉座の中に閉じ込められてはいたが、彼はKil'jaedenが自分を殺すために手下を送ってくることを予期していたのである。Illidanの魔法による衝撃は玉座を引き裂いていた。そうして、日に日にLich Kingは力を失っていたのだった。己の命を守ることを諦め、彼は最強の人間の下僕を自分の元へ来るよう呼んだ。デスナイトArthas王子である。

Arthasの力はLich Kingの衰弱により流出していたものの、彼はLordaeronの内戦に関わっていた。バンシーSylvanas Windrunnerによって率いられたアンデッド常設軍の半数が、アンデッド帝国支配のためクーデターを起こしていたのである。Lich Kingに呼ばれたArthasは、Plaguelands中で戦いが激化していくにつれ、副官Kel'Thuzadの管理下にあるScourgeを後にすることを余儀なくされた。

ついに、Sylvanasと反逆のアンデッド(Forsakenとして知られる)は、破壊されたLordaeronの首都を自分たちのものにしたのだった。瓦礫の街の下に砦を築いたForsakenは、Scourgeを倒しKel'Thuzadとその手下をこの地から駆逐することを誓った。

衰弱したArthasはしかし主を救うことを決心し、己を待ち受けているIllidanのナーガとブラッドエルフを探すためだけにNorthrendへやって来た。Icecrownの氷河へたどり着き、凍てつきし玉座を守るため、彼とnerubian同盟軍はIllidan軍と戦ったのだった。

Lich Kingの凱旋 -The Lich King Triumphant-編集

Lich King

The Lich King on his throne.

衰弱してはいたものの最終的にArthasはIllidanの裏をかき、凍てついた玉座へ最初に到着した。彼は魔剣Frostmourneを用いてLich Kingの氷の牢獄を打ち砕き、それによりNer'zhulの兜と胴鎧が解き放たれた。Arthasは想像を絶する力を秘めた兜を頭に戴き、新たなるLich Kingとなったのであった。Ner'zhulの予てからの計画通り、Ner'zhulとArthasの魂はひとつの力ある存在へと融合した。Arthasがこの世で比類無き最強の存在となったため、Illidanとその軍勢は面目を失ってOutlandへと逃げ帰らざるを得なかった。

新たなる不死のLich KingとなったArthasは現在Northrendに居留しており、Icecrownの城を再建していると噂されている。彼が信頼を置く副官Kel'ThuzadはPlaguelandsでScourgeを指揮している。Sylvanasと反逆のForsakenは戦争で荒廃した王国のごく一部Tirisfal Gladesを有するのみである。

古の憎悪 - Kalimdorの植民地化 -Old Hatreds The Colonization of Kalimdor-編集

勝利は定命の種族のものとなったが、彼らは戦争で荒れ果てた世界に自分たちがいることに気が付いたのだった。ScourgeとBurning LegionはLordaeronの文明をほぼ壊滅させ、Kalimdorでの作戦もほとんど終えてしまっていたのである。回復すべき森と、葬るべき怨恨と、安定すべき故郷とがそこにあった。戦争は各種族に深い痛手を負わせていたが、AllianceとHordeの間で取り交わした不安定な停戦協定を皮切りとして、新たな出発のために私利私欲を捨てて団結したのだった。

Thrall Wei

Thrall, Son of Durotan

ThrallはオークたちをKalimdor大陸へと導き、朋友トーレンの助けを得、そこに新しい故郷を築いた。Thrallの殺害された父にちなんで新しい故郷をDurotarと名付け、オークたちはかつて繁栄した社会をそこに再構築したのだった。悪魔の呪いはすでに解け、Hordeは好戦的巨大組織から、征服ではなく生存と繁栄に専心する緩やかな同盟へと変わった。誇り高きトーレンと英知に長けるDarkspear族のトロルに支えられ、Thrallたちオークは自身たちの土地で新たなる平和の時代を期待していた。

Jaina Proudmoore旗下の残りのAlliance軍はKalimdor南部に定住した。彼らはDustwallow Marsh東部海岸の外れに、強固な港町Theramoreを築いたのだった。そこで人間とドワーフたちは厳しい環境の中で生き抜くため懸命に努力した。Durotarの防衛軍とTheramoreは互いに暫定的停戦を保ってはいたが、植民地の脆い平穏は長く続かなかったのである。

Kalimdorにおけるオークと人間の間の平和は、大規模なAlliance軍艦隊の到着によって打ち砕かれた。大提督Daelin Proudmoore(Jainaの父)指揮下の巨大艦隊は、Arthasが王国を滅ぼす前にLordaeronを離れていたのだった。数ヶ月にわたる過酷な航海をし、Proudmoore提督はAllianceの生き残りを捜し求めていた。

Proudmooreの大艦隊はこの地域の安定にとって深刻な脅威となった。二次大戦の立役者として名の知れたJainaの父はHordeにとって不倶戴天の敵であった。そして、彼はオークがKalimdorに拠点を得る前にDurotarを滅ぼそうと決心していたのである。

大提督はJainaに恐ろしい決断を迫った。新たに得た同盟者であるオークを裏切り、彼らと戦う父を支援するか、それとも、ついにたどり着いたAllianceとHordeの脆い平和を維持すべく自分自身の父と戦うか。幾度となく思慮を重ねた末、Jainaは後者を選択した。Thrallを助け、狂気の父を倒すという選択を。Jainaが和睦を結ぶか、あるいはオークたちはもはや血に飢えた怪物などではないと証明する前に、不運にもProudmoore提督は戦闘の最中に死んでしまった。彼女の誠実な心に応え、オークはJainaの軍がTheramoreへ無事に帰還することを認めたのだった。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki