FANDOM


第三章 - Draenorの悲運 - Chapter III:The Doom of Draenor編集

原文: http://www.worldofwarcraft.com/info/story/chapter3.html

Kil'jaedenと秘されし協定 - Kil'jaeden and the Shadow Pact -編集

 AzerothにMedivhが産まれた頃、Kil'jaeden the Deceiverはthe Twisting Netherでじっと考え込んでいた。主たるSargerasの命令の下、狡猾なthe Demonlordはthe Burning Legionによる第二次Azeroth侵略を企んでいた。今度こそ成功させねばならず、そのためにはthe LegionがAzerothの世界へと降り立つ前に、新たな軍団によってAzerothの世界を弱める事が必要だと考えた。DragonやNight Elfのような死せる定めの者たちが新たな脅威に対処せざるを得なくなったとしたら、the Legionによる真の侵略は容易なものとなるだろう。

 そんな中、Kil'jaedenはDraenorの肥沃なる世界をthe Great Dark Beyondにて発見した。Shamansticな血族を基礎とした社会を営むOrc種族と穏やかなDraenei種族と共に、広くのどかな Draenorを故郷としていた。誇り高きOrc種族は広広とした大平原を歩み狩りを行い、好奇心が強く探究心旺盛なDraeneiは切り立つ崖と山頂に自然を利用した都市を築いた。Kil'jaedenは、Draenorに住まう者たちを適切に教育することができたとしたら、the Burning Legionの僕となる可能性が大いにあると考えた。

500px-Nerzhul.jpg

The Elder Shaman Ner'zhul

 Kil'Jaedenはふたつの種族を見聞し、OrcのWarriorたちの方がthe Legionに堕する可能性が高いことを見て取った。そして、SargerasがAzshara女王を支配下に置いたのと同じ方法を使い、老いたOrcの Shaman、Ner'zhulを配下とした。狡猾なShamanを手先としたthe Demonは、Orc種族に戦闘意欲と凶暴性とを蔓延させた。程なくして、高貴な精神を持つ種族であったOrcたちは、血に飢えた存在へと変貌した。次いでKil'jaedenは、Ner'zhulとその配下の者たちに最後の段階へと踏み出すよう促した。それは、Orcたちを死と戦争へと駆り立てるという ものだった。老いたShamanはOrcたちが永遠に破壊のための奴隷とされるであろうことに気付き、the Demonの命令に対して抵抗した。

 Ner'zhulの抵抗に失望し、Kil'jaedenはthe LegionにOrcを引き込むための新たな手駒を探した。奸知に長けたthe Demonlordは、将来を有望視されるNer'zhulの徒弟Gul'danを見出した。Kil'jaedenは完全なる服従の見返りとして計り知れぬ程の力を約束した。若きOrcはthe Demonの魔法の熱心な徒弟となり、やがて歴史上定命の者として最も強力なWarlockへと成長した。Kil'jaedenは若きOrcにthe Arcane Artsを教え、Shamanの慣例を根絶させるべく策動した。Gul'danは仲間たちに新たな魔法の系統である──破滅の兆候を宿した──新たな力を 見せつけた。

 Kil'jaedenはOrcを完全に掌握するべく、Orc一族を操りDraenor全土にWarlockの魔法を広める秘密組織the Shadow Councilを組織するGul'danを手助けした。更に多くのOrcがWarlockの魔法を行使するに連れ、Draenorの穏やかな平原と小川と は暗く澱み枯れ始めた。Orcたちが何世代もの長きに渡って故郷としてきた広大な大草原は、地肌を見せる赤い不毛の大地となって枯れ果てた。the Demonのエネルギーはゆっくりと世界を枯死させていった。

Hordeの台頭 - Rise of the Horde -編集

Mannoroth.jpg

Mannoroth the Destructor

 OrcたちはGul'danとthe Shadow Councilの密やかな支配の下で更に攻撃的な存在となった。戦いと死によってWarriorとしての技術を磨くため、Orcたちは巨大なアリーナを建設した。この間に、小数の一族の族長がOrc種族に蔓延しつつあった悪意ある行為を非難した。その中の一人がthe Frostwolf clanの族長Durotanであり、Orcが憎悪の怒りに我を忘れることが無い様にと警告を行った。彼の言葉に耳を傾ける者はおらず、耳を傾けた者でも 強者として知られるthe Warsong Clanの族長Grom Hellscreamは、戦争と支配の新たな時代を擁護した。

 Kil'jaedenはOrc種族の準備がほぼ整ったことを見て取ったが、完全なる忠誠が必要であると考えた。そこで秘密裏にthe Shadow Councilに対して"破壊と激怒の生ける器"(the living vessel of destruction and rage)たるMannoroth the Destructorを召喚するよう命じた。Gul'danは一族の族長全員を集めると、Mannorothの怒れる血液を飲み干すことで絶大な力を得られると説得した。Grom Hellscreamを筆頭に、Durotan以外の全ての族長はMannorothの血を飲み干し、それによりOrc一族の運命はthe Burning Legionの奴隷に定められた。Mannorothの怒れる血によって力を与えられた族長たちは、血に支配されるままに征服に乗り出すことを仲間たちに宣言した。

 殺戮欲求の呪いに突き動かされるまま、Orcたちは立ちはだかる者全てにその怒りをぶつけた。時が満ちたと考えたGul'danは、別々の一族全てをまとめ上げ、the Hordeとして組織しようと考えた。しかし、多くの族長がHellscreamに好感を持っており、それに対するのはOrgrim Doomhammerであろうことを知っていたGul'danは、新たに組織するthe Hordeを統治するための操り人形としての族長の用意を始めた。そしてGul'danは、下劣であり狂暴なWarlord、Blackhand the Destroyerを傀儡として選び出した。the HordeはBlackhandの指揮下、自身の強さをDraeneiに対して試し始めた。

 数ヶ月後、the HordeはDraenorに住んでいたDraeneiの生活地の殆ど全てを壊滅させた。散り散りに逃げた一握りのDraeneiだけが、Orcの恐るべき怒りより逃れられただけだった。勝利に後押しされ、Gul'danはthe Hordeの力と強さを存分に楽しんだ。Gul'danは、戦うものが無くなったとしたらOrcたちは尽きぬ事なき闘争心に動かされるまま内乱で崩壊するであろうことを知っていた。 Kil'jaedenはthe Hordeの準備が整ったことを見て取った。Orcはthe Burning Legionにとって最大の武器として充分なものとなっていた。狡猾なthe Demonは時を待つ主に彼の知ること全てを伝え、そしてSargerasは復讐の時が来たと頷いた。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki