FANDOM


ケンタウロスの憎悪

黎明の霧が晴れて歴史が進むと、半神 Cenarius は再び我が道を行くことにした。Shu'halo (トーレン)は Cenarius との別れをいたく悲しみ、そして彼に教えてもらったドルイドの教えをほとんど忘れてしまった。何世代もの時が過ぎていき、トーレンは木々や野生動物との話し方を忘れてしまった。再び、世界の深淵から闇の囁きが立ち上りトーレンの耳に届くようになった。

大地の子トーレンは邪悪な囁きに耳を塞いだが、放浪の部族に恐ろしい呪いが降りかかった。西の暗黒の地から残虐な生物―― centaur の集団がやって来たのだった。食人部族たる侵略者 centaur は伝染病のごとく降りかかってきた。勇士や狩人が Earthmother の祝福を胸に戦ったが、 centaur を倒すことはできなかった。

Shu'halo は先祖伝来の地を離れ、それからずっと流浪の民として果てしない原野を放浪することを余儀なくされた。けれど、いつの日か希望がやって来ると Shu'halo は信じていた――散り散りとなった部族は Earthmother の慈愛に満ちた腕の中に新たな故郷を見出すであろう、と。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki