FANDOM


不死であることを除いて、Warcraftにおける「神」を定義する厳格な決まりはない。 神々はEluneのように基本的に実体を持たないか、もしくは物質的な肉体を有することもある。

神々は全知全能ではない。例えば、Soulflayerのようなケースである。Gurubashi帝国のトロルはSoulflayerの残虐な統治に反旗を翻した。彼らはSoulflayerの化身を滅ぼしAzerothの世界から追放することに成功した。また、慈悲深いタイタンたちは神ではないものの、いにしえの神々(the Old Gods)に魔法の眠りをかけ、地底深くに封じ込めた。

神々が複数の場所へ同時に影響を及ぼすことは可能である。しかし、神の力は無限ではない。さもなければ、いにしえの神々を封じ込めることはできなかった。 封じられたか、眠っているか、もしくは何らかの方法で力を弱められた神は、それでもなお周囲への影響力を有していることがある。qirajiの進化はまさにそういった付随的な影響の結果であると言われている。

神を本当に滅ぼし、その存在に永久の終止符を打つことはできるのだろうか? 残念ながらその疑問は哲学分野を外れ、重要な懸案事項となった。先頃、Hakkar the Soulflayerの祭司は、血に飢えた神をAzerothへ物理的に召喚することに成功した。さらに、C'Thunが目覚め、自身を解放して星の深淵から再び姿を現した。これら二柱の邪悪な神々を倒すことを望み、多くの勇敢な英雄たちが一致団結している。

  • Elune

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki