FANDOM


森の王者と最初のドルイド

やがて、その子 Cenarius は尊敬する父の背丈に追いついた。木々や星々の兄弟である偉大なる狩人は、夜明けの歌を歌いながら世界の遙か彼方まで放浪した。すべての生き物はその優美さの前に頭を垂れた――月と白鹿の息子ほどの英知を備えた者はいなかった。

やがて、Cenarius は Shu'halo (トーレン)と親交を結び、世界の変容について話した。大地の子トーレンは彼が兄弟であると分かり、偉大なる Earthmother の愛し子である生き物と生命の満ちあふれる大地を慈しむ手助けをすると誓った。

Cenarius は大地の子らに木々や植物と話すことを教えた。Shu'halo はドルイドとなり、大地を養生する魔法を使い偉業を行った。何世代にも渡り Shu'halo は Cenarius と狩りをし、大地の下に渦巻く闇から世界を守り続けた。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki