Fandom

World of Warcraft Wiki

Exile of the High Elves

528このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

ハイエルフの追放

数百年が過ぎ、ナイトエルフの新たな社会は大きく成長しAshenvaleと呼ばれる芽吹いたばかりの森林に広がっていた。大破壊以前には森に溢れていたファーボルグやクィルボアといったような多くの生き物と住民は、再び姿を現しこの土地に繁栄していた。ドルイドたちの慈悲深い統率のもと、ナイトエルフはかつてないほどの平和と星明かりの下の平穏な時代を楽しんでいた。

しかし、初期Highborneの生き残りは苛立ちを募らせていた。Illidanのように、彼らもまた魔法の喪失から来る離脱症状にかかっていたのである。永遠の泉のエネルギーを取り出したくなる誘惑に駆られた彼らは、その魔法を実践して歓喜した。Highborneのリーダーである無遠慮で厚かましいDath'Remarは、曰く「行使する当然の権利がある」魔法を使うことを避けるドルイドたちを臆病者と呼び、公然と嘲り始めた。

MalfurionとドルイドたちはDath'Remarの主張に失望し、Highborneに対し如何なる魔法の行使も死をもって罰すると警告した。その法の破棄を受け入れさせようという傲慢で不幸な試みにより、Dath'Remarとその信奉者は恐ろしい魔法の嵐をAshenvaleに放った。

ドルイドたちは同族の者に死を与えることには耐えられず、Highborneの追放を決定した。Dath'Remarと信奉者たちはついに保守的な同族から離れられることを喜び、特別にあつらえた船に乗り海へと出帆した。海の彼方に怒り狂う大嵐が待ち受けていることも知らず、誰にも咎められず待望の魔法を使える自分たちだけの国を建国することを彼らは熱望していたのである。

Highborne、もしくはQuel'doreiとAzshara女王が名付けてから数世紀を経て、最終的に彼らは人間がAzsharaと呼ぶ土地の東部にある海岸に漂着することとなる。彼らは自分たちの魔法王国Quel'Thalas建国を計画し、ナイトエルフの月崇拝の教えと夜行性の習慣を排除した。その後ずっと彼らは太陽を奉じ、ハイエルフとして知られるようになる。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki