FANDOM


帝国の陥落

謎に包まれた起源はさておき、ナイトエルフが永遠の泉発見直後に勢力を得たことは明らかである。トロルが領地拡大を続けようと試みていたにもかかわらず、ナイトエルフは原始Kalimdor全土に渡る巨大帝国を急速に打ち立てた。迷信を信じるトロルには想像もつかなかった恐ろしい魔法を振るい、ナイトエルフは邪悪な昆虫型生物の帝国aqirには不可能であったこと、すなわち世界二大帝国の打倒を難なく成し遂げたのである。

ナイトエルフは組織的にトロルの守備と補給線を解体した。トロルにはナイトエルフの破壊力ある魔法に対抗する術も無く、その攻撃の前に倒れた。ナイトエルフはあらゆる点において野蛮なトロルと同様に狡猾で血に飢えているということが示され、そしてトロルから永遠の憎悪と蔑視を被ったのである。Gurubashi帝国とAmani帝国はたった数年で崩壊してしまった。

結果的にナイトエルフは、自らが支配しようとした魔法の炎に焼かれたのだった。ナイトエルフの後先顧みぬ魔法の行使はBurning Legionを世界へ引き寄せた。悪魔はナイトエルフ文明の大半を破壊した。Burning Legionがトロル文明にも攻撃を行ったことを示す記録は無いものの、その戦いは大陸全土で繰り広げられたようである。

古代神の戦いとして知られる恐ろしい戦いの果てに、永遠の泉は大爆発した。その衝撃波はKalimdor大陸を砕いた。幾つかの大陸を残して、大陸の中心地は海底へと吹き飛ばされた。

そのため、Amani帝国とGurubashi帝国の大部分はQuel'ThalasとStranglethornの地にそれぞれ現存している。Azjol-NerubとAhn'QirajのAzj'Aqir王国もまた、それぞれNorthrendとTanarisに現在も残っている。

原始世界の大破壊以降、ふたつのトロル文明は衰退した。不屈のトロルは破壊された都市を再建し、元の力を取り戻そうとしている。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki