FANDOM


Azerothの半神は強大な力を振るい、この惑星の歴史においてしばしば非常に重要な役割を演じてきた。それでも、神とは異なり、多くの半神は崇拝の対象とはならなかった。ごく一部の半神は、その名誉により神殿を建てられている。半神崇拝に基づく聖職は極めてまれである。とはいえ、半神は昔から尊敬され、彼らの一部は今日も敬われ続けている。

Warcraftの半神は永遠の命を持つ者だが、全知全能ではない。でなければBurning Legionの最初の侵攻をすぐに知り、侵攻を容易く阻止したであろう。 悲しいことに、半神殺害が可能か不可能かについては疑問の余地がまったくない。悪魔に圧倒され、何人もの半神が古代神戦争の間に殺されてきた。つい最近の悲劇では、悪魔の血の影響を受けた定命の種族(Grom Hellscreamに率いられたオーク集団)によって第三次戦争の間にCenariusが殺されている。

  • Azshara
  • Cenarius
  • Malorne

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki