FANDOM


この記事は、Death Knight を邦訳したものです。

&nbsp Death Kinght は、昔からある unit/class であり、Warcraft II で最初に登場し、Warcraft III でも活躍した。 Warcraft RPG では、prestige class として、後に(Alliance & Horde Compendium や Dark Factions)追加された。 World of Warcraft においては、初の hero class として、World of Warcraft: Wrath of the Lich King で新たに導入された。


Talents 編集

主な記事: Death knight talents

Death Knight talent は、3 つのカテゴリに分けられている:

  • Blood: 血の力を守りに化える闇の守護者。主に tank 用の talent と Death Knight の defense や threat 生成の強化を行なう。
  • Frost: 冴える刃を操る非情の騎兵。攻撃能力を重視するtalent
  • Unholy: 不浄の力で滅びを招く者。召喚された minion や、disease を強化する。

Lore 編集

Shadows of Justice編集

From official Death Knight Lore.[1]

Orgrim DoomhammerHorde の warchief としての最初の行動は、Shadow Council の orc warlock を鎮圧することであった。 彼は仕方なく、council の先代指導者であった Gul'dan を、隷属と引き換えに容認し、 {C Gul'dan は Horde に仕えるための強力な戦士を新たに作り出すことを誓った。 殺害された council の構成員の魂への、永きに渡る実験の末、 Stormwind の騎士の骸を、Gul'dan の弟子であった Teron Gorefiend の精神で満たすことに成功した。 {C こうして、おぞましい最初の Death Knight が誕生したのである。 {C Gul'dan は、他の council 構成員にも同じ事を行い、Second War の間、Azeroth の地に混沌と恐怖を撒き散らした unholy warrior を作り出した。

Gul'dan の脱走と死の後、death knight を含む Horde の一部は、Dark Portal を通じて、Draenor へと避難した。 {C 生き延びた death knight の殆どは、Draenor の破壊後に姿を消し、Teron Gorefiend という例外はあるものの、OutlandBlack Temple に棲んでいる。

Champions of the Lich King 編集

From official Death Knight Lore.[1]

Draenor の破壊から数年後、強大な Lich King は新種の death knight を生み出した。 {C 邪悪で、rune を駆使する Scourge の戦士である。 {C 最初の、そして最も偉大なのが、かつて Silver Hand の比類なき paladin であった Arthas Menethil 王子である。彼の臣民を救うための、覚悟の賭けとして runeblade Frostmourne を手に入れようとしたが、彼の魂はその犠牲となった。

Gul'dan の death knight と異なり、現代の death knight は、信仰を失ったり、不死性と引き換えに Lich King に忠誠を誓った paladin が殆どである。 戦場で斃れた death knight は、すぐに蘇り、主人への奉仕を続ける。

Arthas は Frozen Throne を壊滅させて数年後、Lich King と同化した。 death knight の力と怒りは大きくなるばかりである。 呪われた無慈悲な crusader 達は、その怒りを Azeroth にて再び爆発させる Lich King の命令を、待ちわびているのである。

Hero class の要旨 編集

今のところ、Death Knight を作成する条件は、level 55 以上の character をもつアカウントに対して追加されることになる。 一度この条件を満たしさえすれば、player は 1 realm についき一人 Death Knight を作成することが出来る。

Death Knight は、優れた戦闘能力と暗黒や死のエナジーを結びつける。 以前にリリースされた Warcraft ゲームでおなじみだろう。 -- 最近では、Warcraft III: Reign of ChaosWarcraft III: The Frozen Throne といった拡張キャンペーンで、かつての paladin Arthas が death knight となり、Ner'zhul の精神と融合して Lich King となるより前に、Azeroth 中に大混乱をもたらした。 {C これらの特定の Death Knight というのは、Warcraft III で、Lich King によって作り出されたものがベースになっており、Warcraft II における Orc によるそれとは峻別しておくことは重要である。

Unlocking your death knight 編集

主な記事: Starting a death knight

death knight は World of Warcraft に於ける初の hero class である。 {C これは、あなたのアカウントで既存の character が level 55 に到達してすぐに、別の character として作ることが出来る。 {C death knight を作った後でも、既存の character へのアクセスを失うわけではない。 {C death knight は Acherus: The Ebon Hold 内に level 55 としてスタートする。 {C この時点で既に、幾つかの spell や ability は利用可能になっており、uncommon gear を身に着けている。 {C あなたが Ebon Hold を後にする頃には、Outland に向かうための rare セット一式を身に着けている事になるだろう。 {C death knight 専用 quest で、この necropolis や周りのエリアを行き来して、death knight のパワーを習得し、Lich King の意思の為に力を使うこと学ぶことになる。 {C quest では、necropolis の外へ出たりや Scarlet Enclave に入ったりする。

death knight は、アカウントあたり realm 毎に一人だけに制限され、どの server に作成することも出来、今まで一人も character を持っていなかった server に作成することも出来る。 {C PvP server に於いては、faction による制限を受けることになる(例えば、PvP server に Alliance キャラが居た場合、そのサーバに於いては、Horde 側に death knight を作成することは出来ない)。

The Rune System 編集

death knight は、spell や ability を使う際、rune を基にしたリソースシステムを必要とする。 {C 三つの rune タイプ: blood, frost, unholy はそれぞれ色とシンボルが割り当てられている。 {C ability を使用すれば、rune は消耗する。 {C 一定時間(今のところ 10 秒)経過すると、rune は再生する。[2] {C Death Knight は rune を Death Rune に変換する spell を使うことが出来、これを Blood/Frost/Unholy Rune として使用することが出来る。 {C 加えて、Death Knight は、rune ability を敵に対して使った場合、それに応じた Runic Power を得ることが出来る。 {C この Runic Power は、ごく一部の ability でのみ使用する。 {C [3] {C ある種の ability は(Dancing Runic Blade の様な)、その時点で溜まっている Runic Power を完全に枯渇させるようなものもある。 {C power を溜めれば溜めるほど、ability の効果は上がる。 {C 殆どの ability は、Death Coil の様に、設定された量の Runic Power を使う。

Death Knight は、rune の種類や数を再配分することは出来ない。 {C - それらは、種類ごとに 2 rune と固定されている。[4] {C Runeforging を行なうことは出来るものの、これは恒久的な weapon enchant としてのみ提供される。 {C これは、Enchanting によって恒久的に提供される enchant と同等の機能である。 {C しかし、自身にのみ出来るだけであり death knight にとっては、Enchanting によるものよりも良いかと思われる。

Blizzcon で公開された death knight 用の player frame(UI) は、player にとって rune power の表示が理想的ではなかった為、変更が入っている。

Character's role 編集

一般的には、death knight は、damage dealing と tanking を織り交ぜた、hybrid class であると考えられている。 plate armor を着込んでおり、dual wield や two-handed blade weapon(最近 mace も使える事が明らかになった)[2]。 Druid の様に、shield を持たずに tank を行なう。 tank の仕組みは、Frost Presence によって、高い armor を持てる事と、高い parry 率を持っているという部分に追うところが殆どである。 [5][6] Blizzard によれば、caster タイプの敵を tank するのが得意分野だとの事。[7] ファンの間では、Hero Class は overpowered になりそうだ、という思い込みがあったが、Blizzard は death knight も既存の class と同じ強さやパラメタを持つ事になるだろう、とアナウンスした。 他の class と同じように、特有の ability を持つ事になり、その内幾つかのものは Death Knight Abilities に見ることが出来る。

Runeforging 編集

Runeforge.jpg

A runeforge

主な記事: Runeforging

Death Knight は、enchant 的な Runeforging と呼ばれる独自のシステムを持っている[8]。 Death Knight は、開始エリアで幾つかの quest をこなした後で、Runeforging を習得することになる。 Runeforging は、enchant とよく似ている。 Runeforge の傍で、spell book の spell を click すれば、enchanting の様に、どの weapon に "enchant" するかを選択することが出来る。 Runeforging は、それまでの enchant を上書きすることになる。

See also編集

References 編集


External links編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki