Fandom

World of Warcraft Wiki

Cenarion Circle as Factions

528このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

状況: 活動中

リーダー: Archdruid Fandral Staghelm

Cenarion CircleはAzerothにおけるドルイドの組織である。

構成員編集

ドルイドは他に類を見ないほど強く自然と結びついて生きている。植物界・動物界と固い絆で結ばれ、彼らドルイドは天性の変身能力を持つが故に、野生の仲間たちの身に時々降りかかる虐殺を肌で感じ取っている。その結果、ドルイドは用心深く孤独を好む傾向にあり、彼らの生き方を知り尽くしている部外者はごくわずかしかいない。公に名の知れているドルイドは一部である。確かに、普段ドルイドは自分たちの目的からかけ離れ「文明化された」土地から遠く離れた場所にうまく定住している。

第三次大戦の終わりまで、Cenarion Circleのすべてのドルイドは男性であり、ほとんどがナイトエルフであった。女性ドルイドや他種族出身のドルイドは最近の傾向であるとまでは言えないが、第三次大戦まではそういったドルイドは比較的珍しく、Cenarion Circleには所属しないことが多かった。

しかし、第三次大戦の犠牲者が著しいためCenarion Circleは構成員の伝統的制限を破棄することにした。そのため、今日のほとんどのドルイドは男性ナイトエルフであるものの、女性にも門戸が開かれているのである。さらに、多種族(特にトーレン)にもCenarion Circleに加わることが許されている。互いの陣営が交戦状態にあるドルイドであっても、自然をより良くするべく共に働くためには自分たちの紛争を二の次とするのである。

定義上、すべてのドルイドはCenarion Circleの一員であると現在考えられている。さらに、部外者に向けられる警戒にも関わらず、ドルイドの素質に欠ける者であってもCenarion Circleに加わることが許されている。志願者はCenarion Circleに己の力量を示さねばならないが、ドルイドの信頼は簡単には得られない。

歴史・編成編集

Azerothにおける定命のドルイドの第一人者はMalfurion Stormrageであった。彼は森の半神Cenariusにドルイドの術を教えられた。大破壊の後、多くのナイトエルフがMalfurionの後に続く道を選び、Malfurionも己の知識を弟子たちに教えることを大いに喜んだ。弟子たちは自然への崇敬と学習意欲から、このような選択をしたのである。Malfurionの知識と行いに感銘を受け、緑竜Yseraは竜以外の種族が持つ可能性と価値に目を向けたのだった。Yseraは彼女の領域であるEmerald Dreamにドルイドたちを招いた。

卓越した能力とドルイド魔法を直感的に把握する優れた才能により、MalfurionはCenarion Circleの指導者となった。しかし、Malfurionは最近謎の昏睡状態に陥り、指導権はFandral Staghelmの手に移っている。Malfurion・Fandral・Hamuul Runetotemの三名がarchdruidの地位についている。

ドルイド思想はナイトエルフによってある程度広められたが、多種族でも様々なドルイド的信条が自然に発見されている。歴史家や学者には残念なことだが、ドルイド思想の普及に関する更なる詳細はまだ発見されていない。ドルイドは自分たちの歴史の詳細について部外者に語ることにはほとんど関心を持っていないのである。ドルイドの中に潜入しそういった知識を求めようという試みは完全な失敗に終わった。ドルイドに対して欺きや騙しといった行為はほとんど役立たないことが分かる。

Cenarion Circleについては、Cenarion Circleそのものの指揮下にある小さな組織ということが知られている。ほとんどの定命種族の社会から高い尊敬を受けているにもかかわらず、ドルイドは法の制定や強制といったこととは無縁である。

Cenarion Circleにはふたつの下位集団、Druids of the ClawとDruids of the Talonが存在する。最近、三番目の集団Druids of the FangがWailing Cavernsにいると報じられたものの、彼らは邪悪に汚染され正気を失っている。四番目の集団Druids of the Antlerの存在が噂されているが定かではない。

信条・実践編集

ドルイドの主な関心は世界を守り環境を保つことにあり、すべての生き物がどのように作用し互いに関わり合っているかを深く理解している。この相互依存性についてもっと深い認識を広めることによって、自然環境とより調和した生き方へと導くことをドルイドは望んでいる。

物質的実存性を超越して真実を見抜くよう訓練され、すべてのドルイドはEmerald Dreamを見守って時を過ごしてきた。Emerald Dreamでは、ドルイドは惑星の健康状態を守り回復し、病・腐敗・搾取の源を排除している。Emerald Dreamをより深く受け入れ環境をより詳しく理解するために、多くのドルイドが冬眠を行っている。ドルイドは学び続けることを決してやめない。ごく小さな草一本でさえ、教わることが多いためである。

残念ながら、Hyjal山の戦いへと発展した第三次大戦以降Nordrassilの健康状態は思わしくない。green dragonflightとドルイドの間に交わされた契約はいまだその地に残っているにも関わらず、Nordrassilの健康状態によりEmerald Dreamへ到達する見込みは以前よりも遙かに難しくなっている。それでも、大きな技と知識を持つ多くのドルイドがEmerald Dreamを訪れることとなるだろう。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki