Fandom

World of Warcraft Wiki

Burning Legion

528このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

状況: 活動中

リーダー: Kil'jaeden

一次言語: Eredun

Burning Legionは何千年にもわたり宇宙に大破壊をもたらしてきた巨大な悪魔の軍団である。

構成員編集

自ら望んでの選択もしくは魔法的影響により、多くの生物が巨人Sargerasの支配下に落ち、Sargerasが餌とする不死と想像を絶する力と引き換えに忠誠を誓った。抗いがたい約束のために全種族がBurning Legionに加わっている。しかし、Burning Legionのメンバー全員が知覚を有しているわけではない。一部の者はSargerasの目にとまった単なる獣なのである。Burning Legionの大半のメンバーは悪魔だが、例外としてinfernalがいる。

いずれにせよ、望むと望まざるとに関わらず体にfelエネルギーが染みこんだ時、生物は悪魔へと姿を変えるのである。Illidan Stormrageが示しているようにすべての悪魔がBurning Legionに属しているわけではないものの、Sargerasは数千年以上、破壊の軍団を強化すべく無数の悪魔を生み出している。

歴史・編成編集

かつて秩序と平和を重んじる誇り高き戦士であったSargerasは、己の主目的を不可能な目標にしてしまった宇宙に、根本的な欠陥があると信じるようになった。Sargerasは、他のタイタンが創造の順序を構築しようとする際に大きく間違っていたのだと思い込んだ。こういった状況の下では、あがきは無駄であった。宇宙は徹底的に破壊され、根本的欠陥無しで作り直されねばならなかった。その時こそ真の秩序が達成されるのだと。このようにしてSargerasはあらゆるものに終わりをもたらす掃討作戦、Burning Crusadeを考えついたのであった。

計画を実行するためにSargerasは、餓えと力と悪意とで作られた完全な殺戮機械の不死生物、悪魔で強化された軍隊Burning Legionを作りだした。結果として、Burning Legionは巨大に成長し無数の世界を滅ぼした。これまで、Burning Legionの力を辛うじて防いでいる唯一の惑星がAzerothである。Sargerasを怒らせたことで、彼はよりいっそうAzerothを屈服させようと躍起になった。

知覚を有する種族EredarはSargerasに忠誠を誓う最初の種族であり、今日でも主要指揮官のままである。知覚を有する他種族が否応無しにBurning Legionへ加わることを知っていて、eredarはBurning Legionの共通言語となるであろう一次言語はEredunであると宣言した。

Burning Legionの創造者Sargerasは、軍の本来の指導者である。しかし、Sargerasの精神を有する人間の魔法使いMedivhの死以来、巨人の目撃は報告されていない。Sargerasの不在中、悪魔王Kil'jaedenがBurning Legionの統率を引き受けている。

Hyjal山の戦いで敗北したBurning Legionの生き残りはAzeroth中に小集団を形成し、しばしば調整された連携行動をとっており、言うまでもなく別集団と連絡を取り合っている。特定の悪魔たちは力のある遺跡を守ったり腐敗を広げたりし、他の悪魔たちは未知の計画のためにどこかに結集している。

第三次大戦以降のBurning Legionの特筆すべき活動は、Blasted Landsで行われた。Kazzak指揮下の悪魔が、最初に住み着いた場所にダークポータルを再建したのである。これまで、悪魔はポータルの物質的構造の修復のみを行ってきたが、ポータルを再び発動させることはできなかった。

信条・実践編集

すべての悪魔はかつてSargerasの強大な力と怒りを恐れていた。しかし、Burning Legionに属す大半の悪魔はごく単純にそうするのが楽しいからという理由でSargerasに仕えている。最高位にある最も知性的な悪魔は創造者の究極目標を知っている。そういった悪魔たちは来るべき新生宇宙を支配すると約束されているため、今でも大破壊へと突き進むことを恐れていない。

これまで、Burning Legionはタイタンの訪れてきた世界を特に狙ってきた。しかし、結局は安全な世界など無いのである。というのも、Burning Legionはすべての命と魔法を破壊し貪るために行動しているからである。Burning Legionが打ち負かされなければ、彼らは恐ろしい結末を必ず達成してしまうだろう。勝利に必要とされるのは、Burning Legionに匹敵する規模と力を持つ軍隊である。希望と平和のために、創造の仕組みそのもののために、「光」のために戦う軍隊……これまでに存在しなかった軍隊が必要なのである。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki