FANDOM


Belamoore の研究日誌

「同胞」からの保護を求めてやって来たアンデッド小集団のリーダー Kegan Darkmar は、アンデッドに対する認識を覆してくれる。彼の肌は腐敗し血が滲み、血流は長らく止まっているかもしれないが、その行動は非常に高潔であり自分よりも仲間の安全を優先しているようである。

つまり、正直なところ、時々自分の周囲の人々に欠けていると思われる「人間性」というものが彼にはあるのだ。

何故あえてそれに言及したか。私が記そうとしている事柄に信頼性を与えるためにそうするのである。以下の言葉は Kegan の発言であり、この日誌を読むことによって、何故私が Kegan の言葉を信じるのかを仲間が理解するであろうことを願うからである。

「古き神々の生き残りが地底の奥深くにまだいる。新たな勢力がその古の力を手中に収めようと画策しており、それに成功した者たちは恐るべき兵器を手に入れることになる」

これは彼がブラッドストーンのペンダントを私に手渡した時に述べた内容であるが、恐怖と、そして恐らく畏敬が彼の目に宿っていた。そして、彼の手が私の手に触れた時、彼はペンダントを手放すのが惜しいかのようにぐずぐずとしていた。嫌悪感に襲われたが、彼の屍肉が手に押しつけられたことによるものか、あるいはペンダントそのもので鳥肌が立ったものか、今でも分からない。

ペンダントに力を感じたのだ。深く、隠れ潜む、餓えた力。そして解放を切望している力。

Dalaran の仲間は、Kegan と彼に付き従ってきた者たちが持ってきたブラッドストーンを研究することには慎重ではあったものの、その代わりに難民四人を隔離し各人のブラッドストーンはそのまま持たせ、Kegan のペンダントを研究することになった。

私の目標は、この種の石が魔法能力を有していると仲間に証明することである。私たち Dalaran の魔法使いがブラッドストーンの力を有効活用することを考えないのならば、最低限その性質について知るべきだ。何故なら、敵はいつの日かこの力を私たちに対して用いるかもしれないからである。

そうして研究は始まった。

ブラッドストーンは石英か黒曜石といった岩石の一種である、との仮説で実験を開始した。そのため、一連の測定処理は次のように始めた。何の鉱物がブラッドストーンに含まれているか、色と硬度を生成しているのは何の力か、他の岩石や鉱石と共通している性質は何か。しかし、ブラッドストーン・ペンダントは実験に対して通常の鉱石のように反応せず、私は苛立った。

それどころか、予想とはまったく正反対に反応することがよくあった! まるでペンダントがわざと私の実験を失敗させているかのようであった。

まるで、ペンダントは物を考え、生きているかのようであった。

腹立たしくはあったが失望はせず、ペンダントが生気のない岩の破片であるという仮定を捨て、生き物だと仮定することにした。

しかし再び、私は失敗したのである。

数々の新たな実験でもブラッドストーンの起源に関する事実は何ひとつとして明らかにならなかった。その時点で私が解き明かした唯一の謎は、ブラッドストーンは生きてもいなければ死んでもいないということだけであった!

だが、突破口が開かれたのは失敗寸前でのことだった。最後の実験で縁の欠けたビーカーを使っていたのだ。実験が終わった時、またしても何も明らかにはならず、私は作業台を片付けに行き、ビーカーで怪我をしてしまった。

傷は浅かったにもかかわらず、激しく流血した。傷ついた指を包帯で巻く時、かなりの血が作業台に垂れてしまった。

そして、その新たな汚れを片付けていた時、私は奇妙なことに気が付いたのだ……。

ブラッドストーンのそばにこぼれた血が、まるで重力がブラッドストーンから発生しているかのようにゆっくりと宝石に向かって動いていた。血はペンダントに触れると消えたようであった。そして、石の赤い色が私の血を飲んで一層色を深めたのだった。

それを目にしてから私の頭は明るくなった。恐らく、負傷した時(大量に血を失ってはいないと思うが)からか、多大なストレスの末にようやくブラッドストーンの性質のひとつを解明した時からであろう。私は背後の椅子に手を伸ばして腰掛け、じっくりと考えた。思考と疑問が頭を駆け巡り、目眩と圧迫感で私は倒れた。

ブラッドストーンは血を飲んだのか? 石は血を欲しているのか? 石は血を引き寄せるのか?

あるいは、ブラッドストーンは血でできている? もしそうなら、誰の血で? 私の血か? 他の誰かの血? 動物の血?

それかもしかしたらブラッドストーンは未知の何かの血、Kegan がペンダントを手渡した時に恐れ敬っていたそのものの血なのかもしれない。

それこそが解き明かされるべき謎である。それが鍵だ。

再び私の中に火がともり、実験に戻った。今度は何も仮説を立てず、思うがままに整然と実験を行った。必要な労力は膨大に膨れあがったが、何らかの発見をする可能性は高いであろう。

そして、研究室は小さく、実験の手伝いに駆り出せる部下も無いものの、ブラッドストーンの興味深い性質をもうひとつ発見したのである……。

血に加えて、石にはエレメントの力が封じられているのである。火・水・雷・岩が血(繰り返すが、何の血だろうか)の中に混ざり、その混合物は外見的には不活性なのだが、そのすべての力が内部で互いにせめぎ合っているようだ。この不思議で不吉な物質に対する疑問がさらに湧き起こってきた。

だがその疑問に答えるには、さらなる研究と実験を行わねばならず、Lordamere Interment Camp では遂行のための器具も人材も集められないかもしれない。そこで私は、ブラッドストーン・ペンダントを使者に持たせ、実験方法を明確に指示して Dalaran へ送った。これで皆、私が経験した初期のストレスを避けられるだろう。

実験結果を待つ間、私は Kegan と対話して過ごした。ブラッドストーンについて彼が知っていることをしつこく尋ねたが、ペンダントを手渡したあの日に言ったこと以外は決して語らなかった。そして、「見捨てられし者」(the Forsaken)と彼が呼んでいるアンデッド組織で過ごしていた時のこともあまり口にはしなかった。

しかし Kegan は他の事柄については饒舌であった。特に、陥落前の Lordaeron で育った時のことである。

彼はあの失われた王国へいまだに強い愛着を持っている。王国が破壊され、そして己が死んだ今でもなお。

実験結果を待つ間に Kegan に対する好意は高まり、私は忍耐力を得た。

しかし何の知らせもないまま数週間が過ぎて私はしびれを切らした。そして Dalaran に照会すると、ブラッドストーンは仲間のもとに届いていなかったことが分かった。使者は途中で行方不明となり、ペンダントも一緒に失われたのだ!

悪い知らせだ。Kegan と仲間たちは実験に使えるであろうブラッドストーンをまだ持っているが、あのペンダントが邪な輩の手中に落ちたかもしれないと心配だ。

私は Dalaran へ新たな使者をたてた。防御バリアの外の廃墟で、今でもペンダントの調査は続けられていると聞く。

手遅れでないことを祈るだけだ。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki