FANDOM


Archimondeの帰還とKalimdorへの旅

Kel'Thuzadが再び回復すると、Arthasは南のDalaranへとScourgeを率いていった。そこでMedivhの強力な呪文書を手に入れ、Archimondeを世界に呼び戻すために使おうとしていたのである。その時から、Archimonde自身がBurning Legionの最終侵攻を開始することとなった。Kirin Torの魔法使いたちでさえMedivhの書を奪おうとするArthas軍を止めることはできず、程なくKel'Thuzadは魔法の行使に必要な物すべてを手にしたのだった。

世界から追い払われて1万年の後、悪魔Archimondeとその軍は再びAzerothに姿を現した。しかしDalaranは最終目的ではなかった。Kil'jaedenの命により、ArchimondeたちはKalimdorへとScourgeを追い、世界樹Nordrassilの破壊を計画していたのである。

この混乱のさなか、一人の謎めいた予言者が定命の種族を導くべく姿を現した。この予言者こそ、最後の守護者Medivhその人である。彼は過去の罪を贖うため、幽界から奇跡的に帰還を果たしたのだった。HordeとAllianceに対し、Medivhは危機に立ち向かい団結するよう要請した。

何世代にもわたる憎しみに疲れ果てていたオークと人間は取り合おうとはしなかった。Medivhはやむなく各種族と個別に交渉し、予言と策略を用いて伝説の地Kalimdorへと航海するよう導いた。程なく、オークと人間は長い間埋もれていたナイトエルフ文明と遭遇したのだった。

Thrallに率いられたオークは幾度も挫折を繰り返しながらKalimdorのBarrensへ渡った。そこでオークはCairne Bloodhoofと偉大なトーレンの戦士たちと親交を深めたものの、多くのオークは何年も苦しめられてきた激しい血の渇きに圧倒され始めた。

Hellscreamと忠実なWarsong氏族の戦士はAshenvaleの森へ分け入り、ナイトエルフのSentinelsと激突した。オークが戦いを好む生き方へ立ち戻っているのを確信し、Hellscreamとその一族を追い払うべく半神Cenariusが姿を現した。しかしHellscreamたちは信じがたいほどの憎悪と怒りによってCenariusを殺し、いにしえの森林を破壊したのだった。

最終的にHellscreamは、オークに憎悪と怒りの血統の呪いをかけた悪魔Mannorothを倒してThrallを支え、名誉を回復した。Mannorothの死によって、オークの血の呪いはついに終わったのであった。

Medivhがオークと人間を結びつけるために奔走している間、ナイトエルフは彼ら自身のやり方でBurning Legionと戦っていた。ナイトエルフSentinelsの不死の大司祭Tyrande Whisperwindは、悪魔とアンデッドのAshenvale征服を阻止すべく必死に戦っていた。助けが必要であることをTyrandeは悟り、千年の眠りからドルイドたちを目覚めさせるために出かけた。

恋人Malfurion Stormrageに助けを求め、Tyrandeは防御を固めることに成功しBurning Legionを追い返した。Malfurionの助けを得て、大自然そのものがBurning LegionとScourgeを倒すために立ち上がったのであった。

冬眠中のドルイドを探索する中で、Malfurionは双子の兄弟Illidanを繋いだ地下牢を発見した。Tyrandeは対Burning Legionの支援をしてくれるであろうと信じてIllidanを解放した。Illidanはしばらく支援を行ったが、結局は自分の興味を追求して逃げてしまった。

ナイトエルフは自分たち自身を鼓舞し、悲壮な決心をもってBurning Legionと戦った。世界樹の力の源でありナイトエルフ王国の中心地そのものである永遠の泉を求めるBurning Legionの強い欲望は決して失われなかった。世界樹への攻撃計画が成功していたとしたら、悪魔たちは文字通り世界をばらばらに引き裂いていたであろう。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki