FANDOM


第二次大戦直後

オークのHordeに対する第二次大戦は、Lordaeron連合軍を動揺と混乱状態に陥れた。偉大な族長Orgrim Doomhammerに率いられた血に飢えるオークは、ドワーフの支配するKhaz Modanの地を突き進んだだけでなく、Lordaeron中央部の農村をいくつも壊滅させた。止まるところを知らぬオークは、暴走を止められるまでにエルフの王国Quel'Thalasまでも破壊したのだった。

Anduin Lothar卿・光のUther・海軍総督Daelin Proudmooreに率いられたLordaeron連合軍は、破壊されたAzerothの地、容赦ない攻撃の前に陥落した最初の王国へとオークを押し戻した。

Lothar卿旗下のLordaeron連合軍は辛うじてDoomhammerの氏族をLordaeronから押し出し、オークの支配するAzerothの地へ追い返した。Lothar卿の軍はBlackrock Spireの砦を包囲し、防衛に攻撃を仕掛けた。

Doomhammerと副官たちは最後の抵抗でBlackrock Spireから打って出て、Lothar卿のパラディンたちとBurning Steppes中央で激突した。両軍の兵士が打ちのめされ疲れ果てたままの大激戦の中、DoomhammerとLothar卿は対決した。Doomhammerが辛くもLothar卿を打ち破ったものの、偉大な英雄の死はDoomhammerの思いも寄らぬ影響を与えたのだった。

Lothar卿が最も信頼をおいていた副官Turalyonは、Lothar卿の血塗れの盾を手に取り、最悪の反撃に悲しみ打ちひしがれる同胞を集結させた。ぼろぼろのLordaeronとAzerothの戦旗の下、Turalyonの部隊はDoomhammerの残存兵を徹底的に打ち負かした。まさしく総崩れであった。

精根尽き散り散りとなったオークの敗残兵に残されていた最後の砦は、闇の門だけであった。

Turalyonと戦士たちは腐敗したSwamp of Sorrowsを抜け、闇の門のそびえるBlasted Landsへと敗残兵を追いかけた。巨大な門が見下ろす場所で、崩壊したhordeと消耗したLordaeron連合軍は第二次大戦で最後となる血みどろの戦いへと突入した。

血の餓えの呪いにより狂気に駆られたオークは、必然的にLordaeron連合軍の怒りの前に倒れた。Doomhammerは捕虜となりLordaeronへと連行され、失意の氏族は集められて北へ……再びLordaeronへと連れて行かれたのだった。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki