FANDOM


氷竜蘇生記

巨大な骨格はほとんど雪に埋もれていたが、上に突き出ているその恐ろしい爪が激しい苦悶で歪んだのは一目瞭然だった。ネクロマンサーたちは無言で竜の骸を取り囲み、円陣を組んだ。彼らは吹雪の中でしばらく立ち尽くし、そして儀式が始められた。

凍てついた骨格の中心から不浄の光が幾筋も放たれ、雪と氷がひび割れてついに巨大な骸が完全に姿を現した。大ネクロマンサー Antiok の合図と共に、その骨はゆっくりとその場で回転しながら、震え揺れ動いた。

竜の骸に知覚を植えつけ始めると、ネクロマンサーたちの詠唱の声は大きくなっていった。竜の心はその穢れた蘇生に抗おうとし、骨格がぎしぎしと歪みひび割れた。甲高い叫びが空気を貫き、ついに竜は組み伏せられた。空洞だったあばら骨の中に冷たい炎が点り、四肢に沿って燃え広がり、眼窩に不気味な知覚を添えた。

大ネクロマンサーは足を踏み出し、そして言った。「Lich King は Scourge に仕える者としてお前を蘇らせると定められた。お前は最高の死となるであろう。敵の町や村に苦痛を降らし、生ある者を食らい、最強のデスナイトを背に乗せるのだ。」

氷の竜は彼らを見つめ、同意を示すかのように頭をかすかに垂れた。転向は終わった。竜は後ずさると、刃の扇のような翼を広げ、飛び去った。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki