FANDOM


熱烈恋愛小説: 禁断の愛

 Ah'tusa は高速移動しているトラムを予想して神経質に背後を気にしながら、巨大な地下トンネルを静かに這っていた。
「あいつどこにいるのよ……」
 彼女は怒ったようにぶつぶつと呟いた。その背後に何かが動くと同時に彼女は動きを止めた。短剣が鞘から抜き放たれ、目が剣呑な光を帯びて細められた。

 がらんどうの空間に低いかすれ声が響いた。
「ターゲットの背後をとるのをお好みなのがローグだと思ったんだが」
 Ah'tusa は素早く回転し、絶対不可侵の防御に向かって刃を叩き込んだ。
「私、パラディンは高潔であるべきだと思ってたんだけど」
 彼女は自信たっぷりの笑みを浮かべて答えた。

 前屈みになったまま、目に見えない泡がポンと音を出して消えるまで Ah'tusa は声を出して数えた。
「12秒? あなた、もっと効果の続くアビリティを持ってたはずよね」

 Ah'tusa の骨が露わになった指が鎧の下で難なく動き、ブレストプレートを外して男を冷たい空気にさらした。
「心配しないで、 Marcus 。今夜のは必殺技じゃないから……使い始めたばかりなの」
 男は Ah'tusa の首筋の脊椎骨をかじって笑わせながら、彼女の腰に腕を回した。

<続きは数節あるが、明らかに繰り返し読まれてぼろぼろに擦り切れている。>

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki