FANDOM


熱烈恋愛小説

 Nahni が傍に寄ると、白髪の戦士が鋭い視線を向けた。
「murloc 退治の報酬を受け取りに来たのだな?」

 Nahni は戦士の腰に輝くブロードソードに目を落とした。
「報酬が何かによるわね、Marcus 」
 戦士が居心地悪そうにしているのに気付かないふりをしつつ、彼女はいたずらっぽく髪をくるくると指で巻いた。
「欲しくないかも」

 不安と怒りとがないまぜになって苛立った Marcus が詰め寄った。
「報酬の交渉には応じられんぞ!」
 彼は一呼吸おいて昂ぶった神経を落ち着け、小柄な Nahni の体を抱きしめた。熱気の奔流が Nahni の フロストアーマー魔法を溶かし、二人の唇が重なった。

「で、このクエストの続きは?」
 Nahni はそうからかい、目を輝かせた。

<話の進展が無いまま、数百ページ以上も続いている。>

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki